2011年12月01日

GReeeeNの新曲が、竹内結子主演ドラマ『ストロベリーナイト』主題歌に決定!

 人気ボーカルグループ・GReeeeNの歌う新曲「ミセナイナミダハ、きっといつか」が、1月10日(火)スタートの竹内結子主演ドラマ『ストロベリーナイト』(フジ系・毎週火曜21時)の主題歌に決定した。GReeeeNのテレビドラマ主題歌は通算4回目、フジテレビ系では『ヴォイス〜命なき者の声〜』(2009年1月12日〜3月23日放送)以来、2回目となる。


 シリーズ累計160万部を突破する誉田哲也の人気ミステリーを原作に、2010年11月13日(土)にフジテレビの土曜プレミアムで放送されたスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』。竹内結子が刑事役に初挑戦し、衝撃的な内容で話題となった同作が、2012年1月クールに連続ドラマとして放送される。連続ドラマでは「ストロベリーナイト」に続く姫川玲子シリーズの原作から、「シンメトリー」(光文社刊)「ソウルケイジ」(光文社刊)「感染遊戯」(光文社刊)よりエピソードを抜粋して物語を展開していく。


 主題歌の起用について、GReeeeNのメンバーは「僕たちGReeeeNは、これまで多くの応援歌を書いてきました。僕たち自身も、その応援歌に恥じないよう"なにくそ!"と歯をくいしばり、強がり、駆け抜けてきました。しかし、時に世の中はそんな努力が報われない事もあると思います。そんな報われないと感じてしまった事でも、頑張って強がった姿に気付いている誰かがきっといるはずです。ありのままの自分でいられる事や自由でいられる事は、努力や強がりのその先にあるのではないかと感じています。新曲『ミセナイナミダハ、きっといつか』は、あなたの"強がり"はとても強く気高く、きっと誰かの救いとなっているという想いを込めています。そして、あなたのその辛さは、誰かを守った勲章であると思っています」とメッセージを寄せている。


 GReeeeNの起用に、フジテレビ編成部の成河広明は「GReeeeNの楽曲の持つ、聴く人を元気づけ、勇気づけてくれる明るく、前向きで、強いメッセージ性に以前よりひかれていました。今回、『ストロベリーナイト』を連続ドラマにするにあたり、男社会、縦社会の中でがんじがらめになりながら、つらい事件の数々に立ち向かう主人公・姫川玲子への温かいまなざしをテーマにした主題歌にしたいと考え、彼らに楽曲の制作をお願いしました。何度となくディスカッションを重ねた結果、GReeeeNらしさと新鮮さ、斬新さが融合した素晴らしい楽曲を作っていただきました。そんな素晴らしい主題歌に勇気をもらって、連続ドラマ『ストロベリーナイト』を視聴者の皆さんにお届けしたいと思います」と語っている。



■『ストロベリーナイト』

2012年1月10日(火)スタート 毎週火曜21:00〜21:54(フジテレビ系)

参照: GReeeeNの新曲が、竹内結子主演ドラマ『ストロベリーナイト』主題歌に決定!
posted by はぐみ at 15:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽関係ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモ、「iPhone販売で基本合意」一部報道を否定

 雑誌「日経ビジネス」の電子版が1日、NTTドコモが米アップルとスマートフォン(多機能携帯電話)の「iPhone(アイフォーン)」などを来年夏にも取り扱いを始めることで基本合意したと報道したが、それに対し、NTTドコモ広報部は同日午前「現時点において、当社がアップル社と基本合意したという事実はない」とのコメントを発表した。

 報道によると、ドコモは来年夏から秋にかけて、アップル製のタブレット端末「iPad」と「iPhone」を、高速通信規格「LTE」(サービス名Xi(クロッシィ))に対応した高速通信機種として日本で販売することで、両社が合意したという内容。

 これに対し、ドコモが否定コメントを出した。ただドコモの山田隆持社長は最近、いくつかの機会にこれらアップル製品に興味を示す発言を行っており、今後、状況が変わる可能性もなくはなさそう

 日経ビジネスだけでなく、IT系のニュースサイトの中にも、これを追認するような記事が掲載されたため、同日の東京株式市場では、この影響が大きく出た。報道を受けて、ソフトバンクとKDDIが株価を大きく下げた。午前終値の段階でソフトバンクが3.7%、KDDIも1.0%下げた。逆にドコモは2%近く上げた。
参照: ドコモ、「iPhone販売で基本合意」一部報道を否定
posted by はぐみ at 13:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の気になるネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

元朝青龍から1億円だまし取った疑い 警視庁、2人逮捕

 元横綱朝青龍関(31)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ=から約1億円をだまし取ったとして、警視庁は30日、いずれも会社役員の菊地武雄(77)=神奈川県逗子市小坪1丁目=、熊田隆春(63)=埼玉県所沢市元町=の両容疑者を詐欺容疑で逮捕し、発表した。

 捜査2課によると、菊地容疑者らは2009年4月、東京都内のホテルで元横綱に「フィリピンに持っている金塊を溶かして現金にするために必要な延滞保管料を貸してほしい。現金化した金のうち1兆円はモンゴルのために使いたい」などとうそを言い、2回にわたり計約1億円を熊田容疑者名義の口座に振り込ませて詐取した疑いがある。
 元横綱は同年2月、知人の日本人女性を介して菊地容疑者らと知り合ったという。現金を返してもらえず、元横綱が今年3月、警視庁に相談していた。
参照: 元朝青龍から1億円だまし取った疑い 警視庁、2人逮捕
posted by はぐみ at 12:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M−1の次はKAMIWAZA 大道芸やマジック競う

 昨年終了した漫才コンテスト「M―1」の後継企画として、大道芸やマジックなど人間離れしたパフォーマンスの世界一を決める「KAMIWAZA〜神芸(かみわざ)〜」が来年1月8日夜にテレビ朝日系で生放送される。主催する朝日放送とよしもとクリエイティブ・エージェンシーが29日、東京で会見を開き発表した。

 世界各地から招く9組と、国内から公募、ビデオ審査で選ぶ1組の計10組が競う。優勝賞金は1千万円。「人間の領域を超えた究極の技」を身につけ、観客を魅了することができれば、どんなジャンルでもかまわず、年齢、性別、国籍、プロアマも問わない。

 司会はタレントの今田耕司さん、ゼネラルマネジャーとしてビートたけしさんが出演する。審査員は現在選考中。
参照: M−1の次はKAMIWAZA 大道芸やマジック競う
posted by はぐみ at 12:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKB走り隊うたごえ喫茶に響かせたい

 AKB48のユニット、渡り廊下走り隊7が29日、東京・新宿の「うたごえ喫茶ともしび」で、30日発売の新曲「希望山脈」発売イベントを行った。同曲が昭和歌謡風な応援ソングのため、戦後復興のシンボルとして60年代に流行した歌声喫茶の老舗での開催となった。多田愛佳(16)は「アイドルが歌声喫茶で歌うことはなかなかないので貴重な経験」。渡辺麻友(17)は「日本全国への応援ソングなので、この曲を聴いて元気になってほしい」とPRし、「オリコン1位をとれたら、いい1年で締めくくれそう」と目標を掲げた。
参照: AKB走り隊うたごえ喫茶に響かせたい
posted by はぐみ at 11:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元専属医に禁錮4年 過失致死罪で最高刑

 アメリカの歌手、マイケル・ジャクソンさんの急死をめぐる裁判で29日、元専属医師に過失致死罪としては最も重い量刑が言い渡された。

 ジャクソンさんの専属医師だったコンラッド・マーレー被告は09年、不眠を訴えていたマイケルさんに強力な麻酔薬を過剰に投与して死亡させたとして過失致死罪に問われ、7日に有罪評決を受けていた。29日、アメリカ・ロサンゼルス郡地裁の判事は「患者の観察を怠った行為は医師として許されず、反省の色もみられない」として、過失致死罪としては最も重い禁錮4年の量刑を言い渡した。しかし、カリフォルニア州では刑務所が過密状態のため、半分程度の刑期で釈放される見通し。

 ジャクソンさんの母、キャサリン・ジャクソンさん「禁錮4年で命は償えないし、息子は戻ってきません。しかし、最も重い量刑で感謝します」

 ジャクソンさんのファン「(マーレー被告は)終身刑を受けるべきだ。彼はマイケルを殺したのだから」 弁護側は控訴する方針を明らかにしている。
参照: 元専属医に禁錮4年 過失致死罪で最高刑
posted by はぐみ at 11:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

浅田真央、GPファイナルへ「準備を万全に」 帰国会見

 26日に閉幕したフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦のロシア杯で3季ぶりにGPシリーズを制した浅田真央(中京大)と、GP初優勝を飾った羽生結弦(ゆづる=宮城・東北高)が29日、相次いで帰国した。

 浅田は3季ぶりのGPファイナル(12月9〜11日、カナダ)に向け、「自分が今後何をすべきかは分かっているので、万全の準備を整えたい」。長旅の疲れも見せず、立ったまま記者会見し、「優勝という結果でファイナルに出場できるのはいい流れだと思う。今の課題はショートプログラムとフリーのミスをなくすことです」と語った。3季ぶり3度目の優勝を目指すGPファイナルではGP2連勝を飾った14歳の新星・トゥクタミシェワ(ロシア)らと争う。「本当に若いし、元気いっぱい。自分も負けないように頑張るだけです」と語った。

 初のファイナル進出を決めた羽生は「(優勝の)実感はまだわかない。中国杯の課題を克服できた実感はある。初めてのファイナルはわくわくしている」と話した。
参照: 浅田真央、GPファイナルへ「準備を万全に」 帰国会見
posted by はぐみ at 14:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芦田愛菜、オリコン史上初となる10歳未満でアルバムトップ10入り

 人気子役・芦田愛菜が、オリコン史上初めて10歳未満のアーティストとしてアルバムトップ10入りを果たした。

 23日にリリースされた芦田のファーストアルバム「Happy Smile!」は、12月5日付のオリコン週間アルバムランキングで8位に初登場。芦田は現在7歳5ヵ月で、カナダ人男性歌手・ルネが「ルネ・ファースト・アルバム」(1974年10月14日付・10位)で樹立した最年少アルバムトップ10入り記録「13歳8ヵ月」を37年2ヵ月ぶりに更新。そして、オリコン史上初となる10歳未満のアーティストとしてアルバムトップ10入りを果たした(1970年1月のアルバムランキング発表開始以降の41年10ヵ月間を対象)。

 ソロデビューシングル「ステキな日曜日〜Gyu Gyuグッデイ!〜」(今年10月発売・最高位4位)に続き、アルバムでもトップ10入りを果たした芦田だが、10歳未満でシングル、アルバム両方でのトップ10入りも史上初の快挙。過去、10歳未満でシングルトップ10入りを果たした「黒ネコのタンゴ」(最高位1位)の皆川おさむ、「シティ・コネクション」(最高位2位)の“エマニエル坊や”ことエマニエル、「山口さんちのツトム君」(最高位3位)の斉藤こず恵、「ちっちゃな恋人」(最高位2位)のジミー・オズモンドらもアルバムでのトップ10入りはなかった。

 「Happy Smile!」は、鈴木福とのコラボ曲「マル・マル・モリ・モリ!」、ソロデビューシングル「ステキな日曜日〜Gyu Gyuグッデイ!〜」、竹内まりやが書き下ろした「みんなのハッピーバースデイ」、岸谷香が書き下ろした「愛菜のラブリーロックンロール」など全7曲を収録。初回限定盤に付属のDVDには、新曲「みんなのハッピーバースデイ」のビデオクリップが収められている。
参照: 芦田愛菜、オリコン史上初となる10歳未満でアルバムトップ10入り
posted by はぐみ at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虐待受けた小学5年生 同級生5人が付き添い警察へ

大阪府警 母の交際相手の男逮捕
 交際相手の次女(10)の顔を十数回殴打したとして、大阪府警摂津署は28日、大阪市立豊里小校務員・福永敦哉容疑者(38)(大阪府豊中市城山町)を傷害の疑いで逮捕した。次女は、顔が腫れていることに気付いた担任教諭には「自転車で転んだ」と隠していたが、同級生に暴行を受けたことを告白。同級の女児5人に付き添われて同署を訪れ、被害を訴え出たという。

 調べに対し、福永容疑者は容疑を認め、「しつけのつもりで複数回たたいた」と供述している。

 発表では、福永容疑者は9月29日午後9時頃、交際中の女性(33)の摂津市内の自宅で、小学5年生の次女の顔を十数回平手で殴り、まぶたなどに1週間のけがを負わせた疑い。

 次女は女性と長女の3人暮らし。福永容疑者は週1〜2回、女性方を来訪していたという。

 次女は10月2日、同級生に「新しいお父ちゃんにたたかれた」と説明。同級生らが同日夕、同署に次女を連れて行ったという。直後に次女は府吹田子ども家庭センターに一時保護された。
参照: 虐待受けた小学5年生 同級生5人が付き添い警察へ
posted by はぐみ at 11:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

「白い恋人」製造元が「面白い恋人」3社を提訴

 北海道の人気土産「白い恋人」の製造元が提訴しました。訴えられたのは、大阪で販売されている「面白い恋人」です。

 「白い恋人」製造元、石屋製菓・島田俊平社長: 「いくらなんでも、ちょっと悪ノリしすぎているんじゃないか」「全然、面白くない…」 北海道の石屋製菓は28日、「白い恋人」のブランドに便乗して不当な利益を得ようとしているとして、吉本興業など「面白い恋人」を製造販売する3社を相手取り、商品の販売差し止めなどを求める裁判を札幌地裁に起こしました。「面白い恋人」は「白い恋人」と同じ焼き菓子で、関西圏を中心に幅広く販売されています。石屋製菓側は、損害賠償の請求についても検討しているということです。一方、今回の提訴について、吉本興業側からは今のところコメントを得られていません。
参照: 「白い恋人」製造元が「面白い恋人」3社を提訴
posted by はぐみ at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の気になるネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。