2011年11月25日

警視庁が取り締まりミス百件超 交通標識誤解

東京都板橋区の交差点が右折できるにもかかわらず、警視庁志村署の複数の署員が交通標識を見誤り、右折した車を取り締まるミスが今年に入り100件以上あったことが25日、警視庁への取材で分かった。

 警視庁は取り締まりを受けたドライバーに謝罪するとともに、反則金を返還する。

 警視庁幹部によると、取り締まりミスが多発していたのは板橋区前野町にある交差点。首都高速の高架を挟んで二つの交差点が連続しており、高架の手前の交差点にある右折禁止の標識が、高架をくぐった先の交差点にも適用されると署員が誤解していたという。
参照: 警視庁が取り締まりミス百件超 交通標識誤解
posted by はぐみ at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故は現場で起きてるんだ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。