2011年11月30日

M−1の次はKAMIWAZA 大道芸やマジック競う

 昨年終了した漫才コンテスト「M―1」の後継企画として、大道芸やマジックなど人間離れしたパフォーマンスの世界一を決める「KAMIWAZA〜神芸(かみわざ)〜」が来年1月8日夜にテレビ朝日系で生放送される。主催する朝日放送とよしもとクリエイティブ・エージェンシーが29日、東京で会見を開き発表した。

 世界各地から招く9組と、国内から公募、ビデオ審査で選ぶ1組の計10組が競う。優勝賞金は1千万円。「人間の領域を超えた究極の技」を身につけ、観客を魅了することができれば、どんなジャンルでもかまわず、年齢、性別、国籍、プロアマも問わない。

 司会はタレントの今田耕司さん、ゼネラルマネジャーとしてビートたけしさんが出演する。審査員は現在選考中。
参照: M−1の次はKAMIWAZA 大道芸やマジック競う
posted by はぐみ at 12:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。