2011年12月01日

ドコモ、「iPhone販売で基本合意」一部報道を否定

 雑誌「日経ビジネス」の電子版が1日、NTTドコモが米アップルとスマートフォン(多機能携帯電話)の「iPhone(アイフォーン)」などを来年夏にも取り扱いを始めることで基本合意したと報道したが、それに対し、NTTドコモ広報部は同日午前「現時点において、当社がアップル社と基本合意したという事実はない」とのコメントを発表した。

 報道によると、ドコモは来年夏から秋にかけて、アップル製のタブレット端末「iPad」と「iPhone」を、高速通信規格「LTE」(サービス名Xi(クロッシィ))に対応した高速通信機種として日本で販売することで、両社が合意したという内容。

 これに対し、ドコモが否定コメントを出した。ただドコモの山田隆持社長は最近、いくつかの機会にこれらアップル製品に興味を示す発言を行っており、今後、状況が変わる可能性もなくはなさそう

 日経ビジネスだけでなく、IT系のニュースサイトの中にも、これを追認するような記事が掲載されたため、同日の東京株式市場では、この影響が大きく出た。報道を受けて、ソフトバンクとKDDIが株価を大きく下げた。午前終値の段階でソフトバンクが3.7%、KDDIも1.0%下げた。逆にドコモは2%近く上げた。
参照: ドコモ、「iPhone販売で基本合意」一部報道を否定
posted by はぐみ at 13:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の気になるネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。