2006年12月22日

ベルトはいくつあってもええで!亀田興毅次なる目標は?

WBA世界ライトフライ級王者・亀田興毅は21日、来年3月に予定される2度目の防衛戦で、WBC世界同級王者との統一戦を熱望した。
亀田は前日、因縁の再戦となったフアン・ランダエタに判定決着で完勝。
一夜明けたこの日、都内で会見し、「2本ベルトがほしい」と明言。国内史上初の統一王者の快挙の野望に向かって突き進む。

“宿敵”との再戦を完勝でクリアした亀田の勝利の余韻はまだ冷めない。
勝負師として、血が騒ぐと初めて熱い思いを吐露した。WBAと並ぶ、世界のメジャー管轄団体、WBCの王座も奪いにいくというのだ。
「統一戦はええな。全然ええよ!WBCの緑色のベルトもほしいな。ベルトが2本あったら格好エエな。肩から2本のベルトをさげたいんや」

父・史郎トレーナーは今回のランダエタ戦前に、「ランダエタをKOできたら、統一戦をやってもええ」と、息子を送り出した。KOはできなかったものの、3人のジャッジは115−113、116−111、119−108。
最終12回のバッティングによる減点さえなければ、米国人ジャッジがフルマークをつけたほどの圧勝。
これには反対もできなくなるだろう…

国内では、84年7月に元WBA世界Sフライ級王者・渡辺二郎(大阪帝拳)が、WBC王者との事実上の統一戦を実現させたが、試合直前にWBAが王座を剥奪。試合には勝利してWBC王座を獲得したが、統一戦として認められなかった。
亀田がベルトを統一すれば、日本人ボクサーとして初の快挙となる。

挨拶はちゃんとせい.jpg

今度こそ気持ちのいい勝利を収めましたね!!!おめでとうございます!!
ところで快挙の前にお父さん。興毅君には言葉遣いを直させた方がよろしいのではないでしょうか?公共の場でもあるんですから、まずは礼儀作法を叩き込んでくださいよ。
posted by はぐみ at 12:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コラ亀田
Excerpt: コラ!かめだぁぁあああ! 次は おれが やってやる!!!
Weblog: 好き好き大好き!
Tracked: 2006-12-22 13:14

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。