2006年12月30日

2006年に散った独裁者…フセイン死刑執行

イラク中部ドゥジャイルのイスラム教シーア派住民148人を殺害した「人道に対する罪」で死刑が確定していた同国元大統領サダム・フセインに対し、絞首刑による死刑が30日、執行された事を同国国営テレビが伝えた。

同罪で元国家元首が処刑されたのは初めて。

約30年にわたり同国を強権支配し、2003年のイラク戦争で政権の座を追われた独裁者は自国民の手で裁かれ「罪人」として刑死し、人生に幕を閉じた…

('・c_・` ;)国民の皆さんはどんな気持ちでこの日を迎えたのでしょうか…
posted by はぐみ at 12:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フセイン元大統領の死刑執行
Excerpt: 予定通りの素早い執行でした。 これで治安が回復する事はないだろうし、アメリカは一気に 兵力を増大するらしいが、泥沼化するのは間違いなく いずれ中途半端に撤退するのでしょう。 日本としては、お近..
Weblog: イプサム
Tracked: 2006-12-30 22:31

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。