2006年12月31日

シンドラー社製エレベーターに3泊4日閉じ込められた!!

フランスのパリ郊外の高層住宅で、故障したエレベーターに19歳の女性が丸3日閉じこめられる事故があった。
住宅管理人らは当初、誰も乗っていないとみて放置していた。女性は衰弱して見つかったが、街中を捜し回った父親の怒りは収まらず、対応に問題があったとして管理人やエレベーター会社関係者らの処罰を求めている。

事故があったのはパリ北方、サンドニ市にある17階建ての低所得者向け住宅。19日午前、上階に住む女性が近所にパンを買いに出た。
戻らない娘を心配した父親は、エレベーターが3階と2階の間で止まっているのを突き止め、「娘が閉じこめられたかもしれない」と住宅の管理人に知らせたが管理人が呼んだシンドラー社の関係者は、呼びかけに応答がなく、非常ボタンも押された形跡がないため、誰もいないと判断した。
22日午前、修理中の係員が弱いうめき声を聞くまで女性の存在に気づかなかったという。
約70時間も飲まず食わずだった女性は脱水症状が激しく、病院で手当てを受けた。女性は「空腹と寒さがつらかった。靴で遊んで気を紛らわせた」と話している。

              おいおい.jpg

L(゚皿゚メ)」またシンドラーかよ!!いったい何人の命を奪えば気が済むのさ!!?
助かったんだからいいじゃんとか思ってんなよ!!


3泊4日もなんてさぞかしつらかったろうに…が助かってよかった…
これからは美容の為に階段をオススメします、早く元気になるといいですね♪
posted by はぐみ at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故は現場で起きてるんだ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。