2006年12月31日

日本はイノシシ年、韓国はブタ年。

韓国では、来年が「600年ぶりの黄金の豚年」と大評判。
歳末の街角には便乗商品があふれ、回り回って少子化にも歯止めがかかるのではと、黄金豚ブームが広がっている。

日本で言う亥年を韓国では豚年という。
豚は夢に現れると吉とされるほど、金運の象徴になっている為か、師走に入ると街の出店などに黄金豚の貯金箱やキーホルダーなどが並んだ。
「黄金豚年の生まれ」→「大金持ちになる」
との連想から、縁起がいい07年には出生率が上がるという予想も広がり、赤ちゃん用品の関連企業株にも注目が集まっている。

07年は「丁亥(ひのとい)」の年。この「丁」は火を意味するために、「60年ぶりの赤いの年」と解釈されている。
そこに中国の陰陽五行思想も絡んで「600年ぶり」との説が出てきたが、易学上では誤りのようだ。
「あやかり商法」を狙ったどこかの企業が仕掛けたキャッチコピーが、黄金豚ブームの源という説が有力だ。
ウリ坊.jpg豚.jpg

(´▽`ノ)ノどちらにしても縁起の良い話だ♪

posted by はぐみ at 14:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。