2007年01月09日

宇宙船艦は只今も著作権の海で漂流中…

人気アニメの「宇宙戦艦ヤマト」の著作権が“漂流”している。これまで著作権は東北新社が所有し、グッズの製造・販売をしていたが、東京地裁で「東北新社にヤマトの著作権はない」との判決が言い渡された。
東北新社は控訴したが、関係者に波紋を広げている。

判決は昨年12月27日に出された。
パチンコメーカーの三共が製造・販売したパチンコ機「CRフィーバー大ヤマト」などについて、著作権を侵害されたと主張し、損害賠償の支払いを求めていた。東北新社は1996年、宇宙戦艦ヤマトの元プロデューサーとの間で約4億5000万円で著作権譲渡の契約を締結。文化庁に著作権登録している。
              ヤマト.jpg
 訴訟では元プロデューサーが宇宙戦艦ヤマトの著作権を持っていたか−という譲渡契約の根本が争点になった。判決は「元プロデューサーは個人の責任でスタッフとの契約などをしていない」と認定。著作権譲渡契約は成立しないと判断し、東北新社の請求を棄却した。

宇宙戦艦ヤマトの著作権については、作品中、「監督」と表示された漫画家の松本零士さんと元プロデューサーとの間で99年から2003年まで東京地裁と高裁で争われ、
高裁で係争中に
(1)ヤマトは2人の共同著作とする
(2)キャラクターやメカニックデザインの著作権は松本さんにある

−との内容で和解した。
しかし東北新社は、著作権はあくまでも同社に帰属するとの立場を取っていた。 
アニメ関係者は「著作権の所在がはっきりしないと、グッズを販売するときに誰に許可を得ればいいのか分からない」と指摘、事態の早期収拾を訴えている。

参照ブログ:iza(産経新聞社)
      現実のど飴・今度はヤマトが空を飛ぶ

(`L_` )またですか〜・・・そもそもこういう事は制作前にしっかりと土台を作ってからするもんでしょ〜・・・
宇宙船艦ヤマトのリアルタイム世代だってもう大人なんだから、こんな事いつまでも続けてると呆れられますよ〜??


posted by はぐみ at 10:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

著作権ってむずかしい(x_x;)シュン
Excerpt: 往年の名作・「宇宙戦艦ヤマト」である。現在この「ヤマト」の著作権が放浪の旅にでてしまっているらしいのだ・・・(*´o`)=зハァ-。 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の著作権はどこに? 同作の著作権..
Weblog: アレコレ言ってみる
Tracked: 2007-01-09 13:59

宇宙戦艦ヤマト、海をさまよう
Excerpt: 宇宙戦艦ヤマトの著作権が揺れている。 そうまるで大海原に出で、大波で難破しそうな勢いに。 なんでも今、宇宙戦艦ヤマトの著作権がさまよっているらしいのだ。 著作権は、東北新社が所有していたらしいの..
Weblog: 巷の話題取り上げてみました
Tracked: 2007-01-09 19:53

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。