2007年01月19日

19年前に消えた娘が帰ってきた!でも歩く姿は、まるで…

カンボジア北東部のラタナキリ州で19年前に行方不明になっていた少女が18日までに無事に保護された。

少女は現在27歳。言葉はほとんど話せず、与えられた衣服を脱いでしまうなど半分野生化した様子だという。 
AP通信によると、この女性はロチョム・プニンさん。
夕日と姉弟.jpg
1988年、8歳のときに家畜の水牛の群れを追ったまま行方不明になった。ラタナキリ州の村で最近、弁当箱から食べ物がなくなる被害が相次ぎ、村人が付近で張り込んでいたところ、米を盗もうとした女性を発見。
父親が腕に残った傷跡で、行方不明となった娘と確認したが、父親は娘の様子を「かがんで歩く姿勢がサルのように変わっており、骨と皮しかない。目はトラのように赤い」と話している。

参照:iza・19年ぶり発見の娘…半分野生化、父「歩く姿勢はサル」

(´・ω・`;A)これからは家族の問題なので、あまり口出しできませんが…
とにかく生きていた事が何よりです。半野生化してしまい、8歳で止まった心を動かしていくのは大変かと思いますが頑張って頂きたいです。


posted by はぐみ at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

野生化された少女発見
Excerpt: カンボジア19年前に行方不明になっていた少女が18日までに無事 に保護された。少女は現在27歳。言葉はほとんど話せず、与えられ た衣服を脱いでしまうなど半分野生化した様子で、父親は娘の様子 を「かがん..
Weblog: ラムネ堂通信
Tracked: 2007-01-19 20:33

たった一人、ジャングルで生き抜いてきた女性のこれから
Excerpt: カンボジア北東部のベトナム国境に近いジャングルで、一人の女性が保護された。食料を盗みにきて捕らえられたこの女性は、人語を殆ど解さず、入浴や服を着ることにも拒否反応を示すなど、尋常ならざる行動をとってい..
Weblog: ただいまに生きる
Tracked: 2007-01-20 23:34

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。