2007年01月20日

開けてごらん♪虫に金属に賞味期限切れのオンパレードだ♪

「アンパンマン幼児用ビスケット」に、金属片が混入していたことが19日分かった。同社は公表や商品回収はしていなかったが、事実関係を認めている。
不二家の委託を受けた京都製菓が同年2月に製造した約2万8000個のうちの一つで、大阪府内の主婦が同年4月にスーパーマーケットで購入。
当時1歳未満だった自分の子どもに食べさせようとした際、表面に金属片が付いているのに気づいた。
不二家が調べたところ、金属片はブリキ缶の破片で、長さ約5ミリ、幅0.06ミリの針金状。同社は「作業時に原料の卵を入れていた一斗缶をぶつけるなどして発生した金属片が混入したとみられる」としている。

また埼玉県は19日、不二家の埼玉工場で賞味期限が今月4日に切れた加工原料を使用したアップルパイを翌日作り、出荷していた可能性があると発表した。
埼玉工場で不適切な製品の製造が確認されたのは33件目。

 同社は「昨年秋以降、社内調査に基づき、各工場に期限切れの原料使用をやめるよう指導した」と説明していたが、「改善を指導してきたが、工場での運用が徹底されていなかった」(人事総務部)としている。

ゴ━━━━L(゚皿゚メ)」━━━━ルァァァ!!
いい加減にしろ!!!フタを開けて見れば、管理の行き届いてないものばかり!!物を作るという意味すらわかってない不二家!
posted by はぐみ at 11:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 不二家問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

不二家・期限切れ問題と東急不動産「ブランズ大和高田」
Excerpt: ☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★..
Weblog: 東急不動産東急リバブル不買宣言
Tracked: 2007-01-20 13:00

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。