2007年01月23日

Tシャツのデザインで搭乗を断られた男。

「ブッシュは世界一のテロリスト」


・・・と書かれたTシャツを着た男性が、オーストラリアのメルボルン発ロンドン行きカンタス航空便への搭乗を拒否された。
機内の安全を脅かす恐れがあったため、と航空会社は説明するが、男性は「表現の自由の否定だ」と損害賠償などを求める構えだ。
ブッシュと赤ちゃん.jpg

娘とオーストラリア南部アデレードに帰省していたロンドン在住のIT技術者のアレン・ジャソンさんは19日、メルボルン空港で保安検査を通過した後、ゲートで職員から搭乗を拒否された。
シャツを着替えれば、他の便に振り替えると言われたが、ジャソンさんは用意がないとして拒否。
以前も2度、同じTシャツでカンタス便に搭乗しようとして、着替えるように求められたという。
ジャソンさんは「こんなことが問題になる今のオーストラリア州は非常に不健全だし悲しい。表現の自由のために断固戦う」と、裁判の準備を進めている。
カンタス航空側は「乗客の気分を害したり、機内の安全を脅かしたりする恐れのある言葉は認められない」と主張している。

( -`Д´-;A)どうしたもんかなぁ〜・・・表現の自由VS空港の安全対策
今、空港が最も恐れてるのがテロだし搭乗する人の気分を害するっていうのも言えなくはないけど。
でもこのデザインはブッシュ大統領に失礼だと思う


posted by はぐみ at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。