2007年01月30日

シャラポワ優勝に意欲!

30日に開幕する女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン(東京体育館)で、29日、出場選手が参加した記者会見が開かれ、前週の全豪オープンで世界ランク1位に返り咲いたマリア・シャラポワ選手は、日本のメイドブームに合わせたのか、白のブラウスに黒いミニスカートという“萌え系”の装いで登場
「東京は好きな街。昨年はマルチナ(ナブラチロワ選手)に負けているので、今年は頑張りたい」と優勝に意欲を見せた。
シャラポワ.jpg

大会には、全豪オープンでセリーナ・ウィリアムズ選手に決勝で敗れたものの世界ランク1位になったシャラポワ選手をはじめ、大会最多タイの優勝4回を誇るマルチナ・ヒンギス選手、前回大会を制したエレーナ・デメンチェワ選手らが優勝を争う。“ポスト・シャラポワ”の呼び声も高いマリア・キリレンコ選手、ダニエラ・ハンチュコバ選手にも注目が集まる。日本からは杉山愛選手、中村藍子選手、高雄恵利加選手の3人が1回戦から出場する。

参照:MSN毎日新聞・女子テニス:シャラポワ、女王返り咲きで“萌え系”に?

( ゚д゚)っちょっと待て。
この格好のどこがメイドなの?表現方法間違ってない?考え方の貧困化が進んでる?

あっ、コメントが内容とズレた…
posted by はぐみ at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。