2007年01月31日

最年少K−1ファイター誕生!名前はHIROYA

現役中学生がK-1参戦!!
K-1の谷川貞治イベントプロデューサーが30日、都内で会見。魔裟斗の“秘蔵っ子”の中学3年生、HIROYAがK-1ワールドMAXの2・5有明コロシアム大会に出場し、高橋明宏と60キロ契約の特別試合で対戦することを発表した。
HIROYAはK-1史上、最年少ファイターとなる。

昨秋、都内の魔裟斗のジム「シルバーウルフ」をHIROYAが訪れ、魔裟斗に「練習を見てもらっていいですか」と頼み込んだ。
「いいよ、上がれよ」と中に入れた魔裟斗だが、大人をボコボコにする実力に「すごい!うまいな!自分がこの年齢の時はやり方も分からなかったのに、こんな時代になったんだ」と仰天。すぐ谷川氏に「すごい天才少年がいる」と連絡したという。
HIROYA.jpg

谷川氏もアマで好成績を挙げていたHIROYAには注目していたため即面会。中学を卒業後、タイに留学することを聞き、ルールディレクター、審判団、リングドクターの審査を経て「オープニングファイトで壮行試合を。魔裟斗のように頂点に立つ選手に育ってもらいたい」と、起用を決断した。

HIROYAは3月9日に卒業後、バンコクのインターナショナルスクールに通いながら3年間のムエタイ修行に入る。同学年という恋人とは遠距離恋愛になるが、強くなる道を選んだ。
すでに数回、魔裟斗の直接指導を受けたというHIROYAは「魔裟斗選手のようにK-1で世界チャンピオンになりたい」と言い切った。
父・儀信さんの誕生日でもある2月5日は、そのプロローグとなる。
参照:livedoorニュース・現役中学生HIROYAがKー1デビュー

(*´・ω・`)すごい子が現れた・・・
posted by はぐみ at 14:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。