2007年01月31日

松本零士著作権を熱く語るが、結局のところ空回り?

「創作の壁の前に、しかばねが折り重なっていく」
漫画界の大御所、松本零士は、クリエーター(創作者)の“生みの苦しみ”をこう表現した。
「漫画家は、刀をペンに持ち替えた永遠の浪人だ。頼れるのは自分独り。自立してクリエーターと名乗れるようになるまでが、いかにすさまじい道のりか。退職金も年金もない。いつ奈落に落ちるかもしれない」
クリエーターの境遇を語る松本氏の言葉は熱を帯びた。
「著作権で保護されることが、家族や子孫がある自分自身の精神的な安らぎにもなり、創作意欲にもつながる。
宇宙戦艦ヤマト1.jpg

ある有名な作家のご遺族から、『私のところの著作権はもうすぐ切れます』と涙ぐまれたことがある。それが、いずれ自分の子孫にも訪れると思うと、どれほど切ないか。せめてあと20年。
あの手塚治虫さんの権利すら、あと30年ほどで切れてしまう。とりわけ先進国では70年が増えてきている。しかも、次第に伸びる傾向にある。最終的には120年くらいになるかもしれない。少なくとも伸ばされることはあれ、短くなることはないでしょう」


ただ、ともすれば、経済性や利便性の視点だけから語られる著作権保護の問題について、「プライドをかけた創作物だからこそ、収入などの形で保護されることが必要。作品にかけた精神的な、気持ちの部分を理解してほしい」と訴える。
参照:痛いニュース・松本零士氏、著作権武士を自称。「著作権は世襲制」
   SankeiWEB・「松本零士氏 クリエーターの思い」著作権攻防

σ(´ x `;*)ンート・・・結局のところ、簡単に言えば
『著作権は何もかも全部ワシのもんじゃーーー!!』って言いたいのかな?
槇原敬之さんの歌詞問題が起こってから頻繁に出てくるようになってきちゃったけど、少し静養したら?山奥で。
posted by はぐみ at 15:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。