2007年03月09日

鶏が消えた・・・犯人は凶暴な牛!!?

インド西部ベンガル地方の小さな村にある農場で、数十羽のニワトリが次々に姿を消す事件が起きた。村人たちは近所の犬の仕業だろうと見ていたが……。
しかしニワトリの飼い主、アジト・ゴーシュさんが驚いたことに、犯人は彼が飼っている牛だった。

ヒンズー教徒にとって聖なる動物である牛が、夜中に数羽のニワトリをむさぼり食うのを見つけたのだ。
「うちの牛が生きたままニワトリをむさぼり食う姿にショックを受けました」
u牛2.jpg

48羽ものニワトリが行方不明になったため、ゴーシュさんは5日夜から見張り番を立てることにした。
「犯人は犬ではありませんでした。私たちが『ラル』と名づけてかわいがっていた牛が、ニワトリの群れに忍びより、ジャングルのトラのような正確さで襲いかかる光景に、凍りつきました」というのはゴーシュさんの兄弟。

地元テレビがラルがニワトリを襲う映像を数秒間流した。
専門家は、重要なミネラルの不足がこのような行動の引き金ではないかとみている。こうした行動はまれにだが、起こりうるそうだ。
アジトさんは「地元の獣医は病気だと言っているけど、村のみんなは『ラルは前世はトラだったんだ』と言ってるよ」と語った。
参照:exciteニュース・ニワトリを襲っていた意外な動物とは……

ΣΣ(゚д゚lll)牛、恐っ!!!
ヒンズー教の聖なる動物ならもっと管理してあげなきゃダメじゃん!!前世はトラってのんきに語ってる場合じゃないし!!
posted by はぐみ at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。