2007年03月16日

鈴木ヒロミツさん、妻や子供にたくさんの愛を…

グループサウンズ、ザ・モップスのボーカルで、14日に肝細胞がんのため死去した俳優鈴木ヒロミツさん(享年60)の通夜が15日、東京・文京区の伝通院で営まれた。
故・鈴木ヒロミツさん

鈴木さんと美枝子夫人を結婚前から知る松崎しげるは、余命3カ月の告知を受けた後の夫妻の様子を語った。
「美枝子ちゃんは『亡くなる前もたくさんラブレターを書いてくれて、たくさん話をした。最高のダンナだった』と言っていた。結婚前から彼は美枝子ちゃんにゾッコンだったから」。
自慢の1人息子の雄大さんを含め、家族3人で食事をしたり音楽談議をしたり、残されたわずかな時間を大切に過ごしていたという。

戒名は「美雄永満愛大喜善居士(みゆうえいまんあいだいきぜんこじ)」。家族と自分の名前の文字をとり“美枝子と雄大を永遠に喜びをもって愛する弘満(ヒロミツ)”という思いを込め、自分でつけた。
会場にはモップスのヒット曲「たどりついたらいつも雨ふり」など、家族が選んだ鈴木さんの歌声が流れた。弔問客は約700人。和田アキ子、妻夫木聡らホリプロ後輩約20人のほか、三浦知良、貴乃花親方、神田うのらさまざまなジャンルの著名人が訪れ、明るく社交的だった故人をしのばせた。
参照:nikkansports.com・ヒロミツさん「亡くなる前にも妻に恋文」

( ´ー`)私も鈴木ヒロミツさんのような旦那様ができるといいな♪ご冥福をお祈りします。
posted by はぐみ at 13:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。