2007年03月17日

家が狭い⇒息子が邪魔⇒殺し屋に「殺して」と依頼した女逮捕!

ロシアで17歳の息子と狭いアパートで同居していた女(42)が、息子が邪魔になり殺人の前科がある男に金を払って殺人依頼をした。ロシア紙『Izvestia』が14日報じた。
クレーン操縦者の女は、息子殺害のために2100ルーブル(約9400円)を前金で支払った。しかし“殺し屋”は警察に通報。
警察はオトリ捜査を開始し、女が“殺し屋”に後金900ルーブルを支払った直後に女を逮捕した。

ロシアの家
女と息子はモスクワ地区の小さなアパートにそれぞれのパートナーを連れ込んで暮らしており、ケンカが絶えなかった。息子の恋人が妊娠してから争いはますます激しくなったという。
同紙は「女は息子を消すことで住宅問題を解決しようとした」とコメント。

検察は、報道を認め、女が近く起訴されると語った。
ロシアは慢性的な住宅不足に悩まされている。しかし旧ソ連が崩壊してからやや問題は緩和されたが、今も多くの大家族が今も小さなアパートでひしめき合いながら暮らしている。
参照:exciteニュース・息子を殺し屋に消させようとしたわけは……

Σd(・ω・`)警察に通報,,,ナイス!!
ロシアは建築技術が進歩してないのかな?でも、寒い国だから皆で固まってヌクヌク暮らすのもいいかもね♪
しかし、たったコレだけの理由で命を奪うなんて・・・世知辛い世の中だ。
posted by はぐみ at 11:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。