2007年03月19日

柳楽優弥、菊地凛子"黄金タッグ"が声優に挑戦!!

2004年のカンヌ国際映画祭で史上最年少にして日本人初の最優秀男優賞に輝いた柳楽優弥と、今年の米アカデミー賞で日本人として49年ぶりに助演女優賞候補となった菊地凛子が声優として初共演することが18日、分かった。
“黄金タッグ”が挑むのは、アニメ企画・制作会社「STUDIO4℃」が手掛けた7月公開、新感覚のオムニバス映画「Genius Party」の核となる作品「BABY BLUE」(渡辺信一郎監督)。幼なじみの高校生を主人公にした青春ラブストーリー。
菊池凛子BABY BLUE柳楽優弥

2人とも声優は初挑戦だが、演技者としての勘が鋭い柳楽はすんなり役に入り込めた様子。「絵に声を合わせるのが難しかったですが、いい経験をさせていただきました。刺激的な、楽しい経験でした」という。
一方、「バベル」でろうあ者役を好演した菊地は、今度は声だけで表現することになり、「なるべく体を動かすようにしてやりました」と工夫。その結果「だんだん快感になってきました」とアフレコを振り返った。
参照:iza・柳楽優弥&菊地凛子が“黄金タッグ” アニメ「BABY BLUE」声優

Σ(´▽`ノ)ノこれはこれはずいぶんと豪華で・・・
posted by はぐみ at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。