2007年08月13日

中国ヤラセ肉まん、元ディレクターに懲役1年。

中国の国営新華社通信などによると、段ボール肉まん捏造(ねつぞう)報道事件で、北京市第2中級人民法院は12日、番組を制作した北京テレビの元契約ディレクター対し、「やらせを行った影響は大きい」として、特定商品の名誉棄損罪で懲役1年、罰金千元(約1万6000円)の判決を言い渡した。
mozaikunikuman.jpg

判決によると、元ディレクターは業績を上げるため、今年6月、北京市内で出稼ぎ労働者に段ボール紙入り肉まん20個余りをつくらせ、
7月上旬に生活情報番組で段ボール肉まんが露店で売られていたと報道した。

元ディレクターは「視聴者や北京テレビの関係者に迷惑をかけて申し訳なかった」と謝罪したという。
参照:gooニュース・「やらせ肉まん」報道で元契約ディレクターに懲役1年

(~_~;)コレは中国全土、世界に誤解を与える事になったのに。。。
よく懲役1年ですんだよ・・・もっと重いと思ったのに。
posted by はぐみ at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。