2007年08月28日

You Tubeに教師が歌う姿をアップ→名誉毀損で賠償金!

学校の先生の動画を撮影、YouTubeにアップロードした15歳の少年に対し、フィンランドの法廷は名誉毀損に当たるとして賠償金800ユーロ(約12万7000円)、罰金90ユーロ(約1万4300円)の支払いを命じた。

この男子生徒が通う学校で5月にパーティーが行われたが、その会場で少年は歌を歌う教師をビデオ撮影、YouTubeに「精神病院でのカラオケ」と題して動画をアップロードした。

このため、教師は名誉毀損で少年を訴え、2000ユーロ(約31万8000円)の賠償金支払いを要求していた。


インターネット上に公開されたビデオクリップについて、フィンランドの法廷が誰かに不利な判決を下したのは今回が初めてのことだという。

賠償金減額の理由について法廷は、少年が18歳未満であること、校長の命令で同ビデオクリップを少年が2週間以内に削除したこと、を挙げている。参照:exciteニュース・先生の歌う姿を撮影、YouTubeにアップした少年に賠償金支払い命令

少年〜〜!!チョット常識はずれな事しちゃったね。。。いくらなんでも精神病院はヒドイよ(ーー;)
posted by はぐみ at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。