2007年08月31日

アフガン韓国人拉致事件,人質全員解放!

アフガニスタンの旧支配勢力タリバンによる韓国人拉致・殺害事件で、タリバンは30日、最後まで拘束していた人質7人全員を中部ガズニ州で2回に分けて解放した。これで拘束されていた19人全員が解放され、事件は7月19日の発生から42日ぶりに全面決着した。

一方、タリバンの最高指導者オマル師は30日夜、交渉人を通じて毎日新聞にコメントを出し、人質2人を殺害した理由について「米、アフガン政府がタリバンの言い分を無視したからだ」と強調した。

タリバンは30日夕、同州ホキヤニ地区の長老に4人を引き渡し、赤十字国際委員会(ICRC)職員が4人を保護。
同日夜、残る3人もICRCが保護した。
韓国 キムチ 美人 握手 手 指 アフガニスタン タリバン 戦争 内乱

韓国人23人を拉致したタリバンは、要求した仲間の釈放をアフガン政府に拒否され、7月下旬に人質男性2人を殺害。
その後韓国政府がタリバンとの直接交渉を開始し、今月13日に女性2人が無条件に解放され、28日には駐留韓国軍の年内撤退などを条件に残る19人の全員解放で合意した。
タリバン アフガニスタン 人質 

オマル師のものとされるコメントは、韓国政府との交渉について「信頼感をもって交渉できた」と満足感を表明。
交渉を仲介したインドネシア政府には「真剣に韓国政府を支援し、タリバンの言い分にも耳を傾けた。感謝している」とした。
参照:exciteニュース・人質全員解放 42日ぶりに全面決着

2人の犠牲は痛いです,,,ご冥福をお祈りします(;人 ;*)
でも、無事に帰ってきてくれてほんとに良かった!!ウン!!
posted by はぐみ at 12:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。