2007年08月31日

木村拓哉「HERO」が公開前から不評のワケ。

木村拓哉主演の“大作”映画「HERO」がいよいよ来週末に公開される。これは01年に放送され、全11話の平均視聴率が30%を超えた大ヒットドラマ「HERO」の映画版。昨年7月に放送された単発の特別編も30.9%の高視聴率を記録した。
「これだけの人気作ですから、製作元のフジテレビは力の入れようがハンパじゃありません。完成前から、カンヌ映画祭に“自主的”に出かけて『HERO』をアピール。現地の映画関係者のヒンシュクを買ったほどです」

今月初旬には日本武道館で完成披露試写が大々的に行われた。木村をはじめ、松たか子ら主要キャストが勢ぞろいし、長さ50メートルに及ぶ花道「HERO’Sカーペット」を歩いてみせた。
また、今夏の「FNS27時間テレビ」でクイズ番組に「HEROチーム」が出演。今後はキャストが連日テレビに出ずっぱりだろう。8月半ばからはドラマ「HERO」の再放送も行われている。


「フジが製作した『踊る大捜査線2』は、邦画の実写で最高となる173億円の興収を記録しましたが、『HERO』はその塗り替えも視野に入れているといいます。フジもキムタクも力が入るわけです」(映画関係者)
木村拓哉 キムタク 映画 HERO

さて、肝心の出来栄えはどうなのか。

「韓流スターのイ・ビョンホンやタモリがゲスト出演しているほか、松本幸四郎と松たか子の親子共演などキャストは豪華。しかし、内容は不満です。ストーリーに何のヒネリもなく、スペシャルドラマの拡大版といった印象で、大人の観賞に堪えるか疑問。連ドラから続く小ネタなど、ドラマを見ていないとわからない部分も多い」(映画ライター)

木村は先週、「HERO」のPRに合わせるかのように、各国の俳優が共演する映画「I COME WITH THE RAIN」への参加を発表。そんな努力がムダにならなければいいが。
参照:exciteニュース・大宣伝を展開する木村拓哉の「HERO」はつまんない?

公開してみないとわかんないじゃん。
見る前からこういう記事書かれると、見る気失くすんだよね〜・・・
posted by はぐみ at 13:34| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
画像 木村拓哉 で 検索中です
木村拓哉 カッコいいですね。
世界的 歴史的 美男を 探す会(名前検討中
Posted by 謎の三文字☆村石太&マイ・コレクション at 2012年05月23日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。