2007年09月03日

大批判のヱヴァンゲリヲンを語る。

テレビ版ダイジェストの劇場用Zガンダム3部作がヒットしたため、エヴァンゲリオンで二番煎じをするのかなと、正直こいつを私は見るまで思っていた。
じっさい、普通にみればこの新劇場版は、「なんだよ、テレビん時と同じじゃん、見る価値無し」で終わってしまいかねないほど、ストーリーも絵柄もまったく同じである。
ヱヴァンゲリヲン 序 映画 批判ヱヴァンゲリヲン 序 映画 批判ヱヴァンゲリヲン 序 映画 批判

そう、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は、一見テレビとまったく同じ。しかし、「なにかが違う」のである。
これは「序」であるから、まだその変化はとても小さく、注意しなければわからない。
それはたとえば、カオルがこの段階から出てきて、しかもシンジをなぜか知っていたり、あるいは使徒の順序が狂っていたりといった、一見些細なことがらだ。

さて、映画としてこの第一作目を見た第一印象は、当時あれほど新鮮にみえたこの作品も、さすがに今見ると古典だな、というもの。
時代の流れはどんどん速くなっている。
とりわけ本作はその後のアニメ制作に与えた影響がきわめて甚大で、あらゆるディテールが数え切れないほど真似されていった。だからこそ、そのように感じたに違いない。

参照:痛いニュース・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の評価は60点 「テレビと同じじゃん、見る価値無し」

そんなこったろうと思った。
ホントに新しいのならCM事態、過去の作品内容の映像を流さずに映画の一部分を取り入れるだろうから。まぁ、映画用に直した作画だったけど。庵野秀明監督が「ここ10年間でヱヴァを超えるアニメは出なかった」とか言ってたけど、自分すら過去にこだわって超えられないじゃん。

posted by はぐみ at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。