2007年09月19日

隕石墜落!クレーターから謎の異臭で住民が次々と…

ティティカカ湖に近いペルー南部の山岳地帯で、隕石(いんせき)とみられる物体が落下してできたクレーターから異臭が発生し、近寄った住民ら約600人が相次いで体調の異変を訴える騒ぎが起きた。
ペルー当局は専門家チームを現地に急行させ、対策を急いでいる。
隕石 クレーター 宇宙 微生物

ロイター通信などによると、現場はボリビア国境に近いプノ県の一角。15日、隕石の落下とみられる大きな爆発音が響いた後、直径約20メートル、深さ約6メートルの巨大なクレーターが出現した。

クレーターからは沸騰した水があふれ出し、異臭が付近に漂った。
近寄った住民が嘔吐や頭痛の症状を訴えたため、地元警察が現場に出動したところ、警察官も異常を訴える者が続出した。


ペルーの専門家は、隕石そのものが人体に有害な成分をまき散らすといった事態は考えられないものの、地面と衝突した際に、何らかのガスが発生した可能性があるとしている。
参照:産経新聞・ペルーで謎のクレーターの臭気で吐き気

宇宙の謎の生命体か!!?とりあえず、近づかないのが1番です!!
posted by はぐみ at 12:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。