2007年09月22日

医師不在時に薬を処方。依存性の高いリタリンもか?

薬物依存が問題視されている向精神薬「リタリン」を不適正に処方した疑いがあるとして、東京都と江戸川保健所は21日、江戸川区の診療所に医療法に基づく立ち入り検査をした。
医師が不在中に薬を処方していた疑いが強く、診療の実態を調べるとしている。

同保健所によると、20日に診療所の利用者から電話で「医師が休んでいるのに薬を処方された」との情報があったほか、「説明不足のままリタリンを処方された」といった苦情が数件寄せられていた。
薬 リタリン 依存症

立ち入りの結果、カルテや診療所職員の証言などから、医師のいない状況で恒常的にリタリンが処方されていたことが判明。
都などは医師法違反(無資格診療)の疑いがあるとみている。


都は18日、新宿区の診療所にも、リタリン不適正処方の疑いで立ち入り検査をしている。
参照:asahi.com・医師不在中にリタリン処方 東京・江戸川区の診療所

怖い世の中だ。。。リタリン出しときゃ問題ないような感じで捉えてる!ホントに今の医療機関は一体どうなってるんだ!!
posted by はぐみ at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の気になるネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。