2007年09月22日

おぎやはぎ・小木がジャガーで忍者・ハマー役に!!

お笑いコンビ、おぎやはぎの小木博明(36)が、来年新春公開の映画「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」(マッコイ斉藤監督)で本格映画デビューすることが21日、分かった。
初のメーンキャストとなる謎の忍者役で、トレードマークの眼鏡まで外してやる気満々。主演の要潤(26)とシュールなギャグを繰り広げる小木は「温かい目で見ていただきたい」と、やや気弱にPRしている。

小木が銀幕の世界に本格進出を果たした。

原作は、平成12年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のギャグ漫画。「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」でカルト的な人気を誇る漫画家、うすた京介氏の作品で、コミックは既存13巻で630万部を突破している人気作だ。
ジャガー 笛 小木 映画

笛をこよなく愛する男、ジャガー(要)と個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語だが、その中でも抜群の人気を誇るのが小木が演じる謎の忍者、ハマー。
なぜかヒップホップにあこがれ、語尾に必ず「YO」とつけては、いちいちポーズを取るため、周りの人々に迷惑がられている男。忍者とは名ばかりの鈍感で弱く、ストーカー気質もある“変態”だが、実はナルシスト。そんなハマーの淡々ととぼけた感じの面白さが、小木にぴったりハマると、製作者サイドが白羽の矢を立てた。

ハマー ジャガー 劇団 映画おぎやはぎ 小木 映画 

小木はこれまで、一昨年公開の映画「真夜中の弥次さん喜多さん」のはたごの客役(おぎやはぎとして)や、本人役で登場したテレビ東京系ショートドラマ「30minutes」での役者経験はあるが、メーンキャストを務めるのは、映画、ドラマを合わせて初めて。

大役に緊張気味なのか、「温かい目で見ていただきたいです」と気弱なコメントが口をついて出たが、撮影では黒いダウンジャケットを羽織り、トレードマークの眼鏡まで外して“本気モード”。
「ほかの(共演者の)人たちには厳しくていいです。ハマーはみんなで育てるんです。褒めていくことで伸びますから」と、観客に訴えている。
小木が人気キャラクターをどう演じるのか、今から楽しみだ。
参照:exciteニュース・小木が謎の忍者で銀幕進出ですYO!「ピューと吹く!ジャガー」

だからもう,,,実写にするのはやめようよぉ〜。。。
posted by はぐみ at 11:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。