2007年09月22日

火星に生命体が生息していた洞窟が!!?

米航空宇宙局(NASA)は21日、火星周回探査機マーズ・オデッセーが軌道上から撮影した火星表面の写真に、地下の洞くつの開口部とみられる地形が7カ所見つかったと発表した。
専門家らは「過去に洞くつ内で生命が存在した可能性もある」と指摘している。
火星 セブンシスターズ 洞窟 NASA

問題の開口部は南半球の極付近にある火山「アルシア山」の斜面にあり、直径約100〜250メートル。
「セブン・シスターズ(7人の姉妹)」と命名され、それぞれに女性の名がつけられた。同山の頂上は周辺の台地より約9000メートル高い。

マーズ・オデッセーに搭載された赤外線カメラで昼夜の温度差を計測したところ、周辺の地表より昼は温度が低く、夜は高いことが分かった。米地質調査所の研究者らのチームは、地下にある洞くつの開口部だと推測している。
参照:exciteニュース・<セブン・シスターズ>火星に7つの洞くつ…米探査機撮影

宇宙の神秘!!火星には巨大な氷の塊や人の顔の形をした巨大岩もあるし,,,宇宙っておもしろ〜〜〜い!!!
posted by はぐみ at 15:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の気になるネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。