2007年09月24日

ドリカム“夢の”国立競技場ライブに6万人集結!

人気ユニット、DREAMS COME TRUEが23日、東京都新宿区の国立競技場で、4年に1度の恒例ツアー「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007」の最終公演を開催。
同所での単独公演は一昨年のSMAPに次いで史上2組目で、ライブでは初めてアーティストが聖火台に点火。
6万人の大歓声の中、2人は燃え上がる炎をバックに32曲を熱唱し金メダル級の熱いライブを繰り広げた。
ドリカム ライブ 国立競技場

ライブ中盤の「何度でも LOVE LOVE LOVE」の歌唱前。雨上がりの国立競技場にボーカル、吉田美和の声が響いた。吉田はベースの中村正人とともに聖火台の脇に登場。
トーチで聖火台に点火すると、赤々とともる炎に約6万人の観衆から「わあっ!!」と歓声が上がった。
さらに2人は聖火台下のサブステージまで一気に階段を駆け下り、そのまま6万人のファンとともに「何度でも−」を大合唱。

吉田は「みんなありがとう!!」と泣きながら絶叫。一方の中村は「6万人の大合唱。大成功!」と大喜びだ。

国立競技場公演はドリカムの夢でもあった。
平成13年末から2人は「東京のど真ん中で歌いたい」と同所でのライブを希望。芝生や陸上トラックの管理など使用条件は厳しかったが、地道な交渉の末、デビュー以来18年で400万人を動員した実績などが認められ“スポーツの聖地”でのライブが実現した。

オープニングでは、センターステージから直径7メートルものバルーンにつるされてそのまま15メートル上空を約30メートル平行移動するという、歌手の小林幸子がNHK紅白で見せるような仰天荒業も披露した吉田。
「絶対今日こそみんなのこと幸せにしてあげる!」のっけから号泣し、ヒット曲「うれしい!たのしい!大好き!」「やさしいキスをして」など次々と披露。
アンコールでは、10月3日発売の新曲で未来予想図パート3「ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜わたしたちの未来予想図〜」を熱唱するなど全32曲をパワフルに歌い上げた。


公演はファンのリクエスト曲を披露する4年に1度のツアーで今年で5回目。7都市(13公演)で約44万人を動員した。
参照:exciteニュース・ドリカムが聖火台初点火!“夢の”国立競技場ライブに6万人集結

大きな夢を果たして、よっぽど嬉しかったんですね。
何より、6万人のファンの皆さんと一緒に盛り上がれた事が美和ちゃんにとって幸せだったのかもしれません♪
posted by はぐみ at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。