2007年09月26日

力士急死は集団リンチの可能性!時津風親方や兄弟子を立件。

愛知県犬山市の大相撲時津風部屋の宿舎で、序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=しこ名・時太山=がけいこ中に急死した問題で、師匠の時津風親方(57)(元小結双津竜)らが過度の暴行を加えていた疑いが強まり、県警は、時津風親方や兄弟子数人を追及し、刑事事件として立件する方針を固めた。
時津風親方 時太山 急死 殺人

県警の任意の聴取に対し、時津風親方、兄弟子らはともに、死亡前日に、斉藤さんに暴行を加えたことを認めている。
直接的な死因を特定するため、県警は遺体の組織検査をしており、傷害致死や傷害容疑が適用される可能性もある。

調べによると、斉藤さんは今年6月26日午後0時40分ごろ、犬山市内の成田山名古屋別院内の宿舎で、朝げいこの最後に、兄弟子とぶつかりげいこをしていたところ、急に息が荒くなり、起きあがれなくなった。
救急隊が駆け付けた時には心肺停止状態で、同2時10分ごろ、搬送先の病院で死亡が確認された。

斉藤さんは午前10時半ごろからけいこをしていた。

遺体の顔や体に複数の傷やあざが確認されたが、死因は当初、虚血性心疾患とされた。
しかし、遺族の希望で行政解剖した新潟大病院からは、「多発性外傷によるショックが死亡につながった可能性がある」との所見が出されていた。
これまでの調べでは、死亡前日の25日午前、斉藤さんが部屋から逃げ出そうとしたところ、兄弟子らに連れ戻され、親方からビール瓶で額を殴られたほか、兄弟子らから「指導」の名目で数十分にわたって殴る蹴るの暴行を加えられたという。


斉藤さんは新潟県出身。
5月の夏場所で初土俵を踏み、7月の名古屋場所で初めて番付に載ったばかりだった。
参照:YOMIURI ONLINE・力士死亡「過度の暴行」で時津風親方ら立件へ…愛知県警

コレって殺人になるんじゃないの?
稽古の度が過ぎてるし、運ばれた時には肋骨も折れてたって話だから、コレは立派な犯罪だ!!
posted by はぐみ at 11:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。