2007年09月26日

ペルーの隕石クレーター問題。アメリカのスパイ衛星が原因!?

クレーターの原因は米国のスパイ衛星?――。

ペルー南部プノ州で15日にできたクレーターについて、隕石(いんせき)ではなく人工衛星の落下が原因とみられるとの説を、ロシア紙プラウダ(電子版)が伝えた。クレーターから発生し、住民に異常をもたらしたガスは、燃料の放射性物質が残留したためとしている

クレーターは直径約30メートル、深さ約6メートル。
記事では隕石ではこうしたクレーターはできないとした上で、ロシアの軍事専門家の見方を紹介。
米国がイランを偵察していた情報衛星を、地上からの遠隔操作で自ら破壊、内部の放射性物質が燃えつきないまま地上に激突したとしている。

地元メディアによると、クレーターからのガスで周辺住民数百人が頭痛や吐き気などを起こした。地中の硫黄やヒ素などが高温で溶け、有毒ガス化したとみられる一方で、隕石ではこうしたガスは発生しないとの見方もあった。

参照:gooニュース・ペルーのクレーター、米スパイ衛星が原因?
posted by はぐみ at 13:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。