2007年09月28日

力士急死事件!親方・兄弟子立件の場合、部屋廃業。

大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名・斉藤俊さん=が6月に愛知県犬山市で急死した問題で、師匠の時津風親方(57)=元小結双津竜=が27日、日本相撲協会の理事会で謝罪した。
自身の去就については明言を避けたが、協会幹部は「立件された場合には進退問題になる」とし、退職または解雇が避けられない状況となった。

渦中の時津風親方が両国国技館に突然現れた。
午後1時すぎ、北の湖理事長(元横綱)、武蔵川事業部長(元横綱三重ノ海)、伊勢ノ海生活指導部長(元関脇藤ノ川)らが待つ協会役員室へ。
1時23分には、定例理事会の冒頭で「お騒がせして申し訳ありません」と謝罪した。
3時すぎには部屋持ちの親方が集まる師匠会にも出席。お詫び行脚をした親方は「みなさんにご迷惑をおかけしましたから」と話した。

愛知県警は、斉藤さんが急死した際に、兄弟子らから制裁目的の暴行があったとみている。
調べでは、時津風親方がビール瓶で殴り、兄弟子らに「かわいがってやれ」などと指示したという。県警は、親方や兄弟子を傷害致死や傷害容疑などで立件する方針を固めている。
参照:exciteニュース・17歳力士死亡事件、立件なら時津風親方廃業へ

コレは立派な殺人事件だ!!!
posted by はぐみ at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。