2007年09月28日

殺人の証拠隠滅か!?遺体を無断で火葬としていた!!

大相撲の時津風部屋の力士だった時太山(ときたいざん)=本名斉藤俊(たかし)さん、当時(17)=が愛知県犬山市でけいこ後に急死した問題。

時津風親方(57)=同山本順一さん=は瓶で殴打したことを県警の事情聴取に認めたとされ、兄弟子たちの暴行には金属バットも使用されたという。
新潟県に住む遺族は息子の死後の部屋の対応にも疑念を膨らませた。
暴行か、国技としての厳しいけいこなのか。波紋が広がる中、日本相撲協会幹部らは「警察の捜査を待つしかない」と口をそろえた。
 
斉藤さんが急死した直後の6月26日夕、時津風部屋が遺族に無断で斉藤さんを火葬する準備をしていたことが分かった。遺族の同意を得ずに火葬することは異例で、新潟県に住む遺族からは「暴行の痕跡を隠そうとしたのではないか」と批判の声が上がっている。

遺族によると、同月26日午後4時ごろ、愛知県の葬儀業者から斉藤さんの実家に電話があり「現地で火葬して新潟へ届けたい」などと言われたという。遺族が抗議したため、火葬は見送られた。
時津風親方が翌27日に、斉藤さんの実家を訪れた際は「(火葬の手配は)隠すわけでやったのではない」と、暴行問題の隠ぺいについては否定していた。
参照:痛いニュース・時津風部屋、リンチ死の17歳力士を遺族に無断で火葬しようとしていた

集団リンチで暴行して殺して、その上隠ぺいで火だるまにしようとしてたなんて!!!!極悪殺人事件じゃん!!!
posted by はぐみ at 13:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。