2007年09月29日

米映画監督フランシス・コッポラの新作台本が強盗に!

「ゴッドファーザー」などで知られる米映画監督フランシス・コッポラ氏が、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに所有する映像制作会社に27日、武装した五人の男が押し入り、監督の新作の台本が保存されているパソコンを奪って逃走した。クラリン紙(電子版)などが伝えた。
フランシス・コッポラ 監督 映画

監督は犯人に「パソコンには長い時間をかけて創作した仕事が保存されている。中のデータだけでも返してほしい」と呼び掛けた。
男たちは社内にいた四人のスタッフを縛り上げ、カメラなど撮影機材も奪った。スタッフの一人が刃物を突きつけられて軽いけがをした。当時、監督は不在だった。

新作は俳優マット・ディロンさんらが出演し、来年二月からブエノスアイレスと周辺で撮影が開始される予定という。
参照:デイリー・コッポラ監督 新作の台本奪われる

コッポラって名前ってホントにあったんだ・・・
不幸中の幸いにも人の命が奪われなくって良かったけど,,,早く返ってくるといいですね。。。
posted by はぐみ at 11:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。