2007年10月01日

福山雅治が柴咲コウをプロデュース。ドラマ音楽監督にも挑戦!

シンガー・ソングライター兼俳優、福山雅治(38)が女優で歌手、柴咲コウ(26)の新曲「KISSして」(11月21日発売)を作詞作曲プロデュースすることが9月30日、分かった。

2人が共演するフジテレビ系「ガリレオ」(15日スタート、月曜後9・0)の主題歌として制作されたビッグコラボで、柴咲のアーティスト名を「KOH+(コープラス)」に改名。
平成15年1月期の同局系「美女か野獣」以来、4年半ぶりのドラマ出演に燃える福山が、俳優+音楽プロデューサーという大役に挑む。

福山雅治 柴咲コウ ドラマ 主題歌

福山はギター、コーラスでも参加し、柴咲を福山色に染め上げる。

福山が手掛けたのは主題歌だけではない。
同局の鈴木吉弘プロデューサーから「演技者としてだけでなく音楽プロデューサーとしても協力してほしい」と熱烈オファーを受け、“音楽監督”としても奔走。
自身初のインストゥルメンタル曲となるドラマのメーンテーマ曲とサブテーマ曲も書き下ろした。

福山は「主題歌の詞は柴咲さんの演じる『薫のイメージ』で書きました。サウンドも新しいものにチャレンジしたつもりです」と仕上がりに満足げ。
テーマ曲は「歌じゃないので制約が何もなく、面白かった。すごく新鮮で楽しい仕事でした」とプロデューサー業の快感に目覚めている。
参照:SANSPO.COM・福山プロデュースで柴崎が歌う!フジ月9で超強力タッグ結成

今年最後の名曲になるんじゃない?このタッグ。。。早く聞きたい・・・
posted by はぐみ at 10:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。