2007年10月01日

山田洋次監督が学生と共同で恋愛映画制作。

「男はつらいよ」シリーズで知られる山田洋次監督(76)が学生と共同で、松竹京都映画撮影所がある京都・太秦の商店街を舞台にした恋愛映画「京都太秦恋物語」(仮題)を製作することを30日、発表した。

この日京都市内で開かれた松竹、立命館大学、京都府の産学公連携に関する記者会見で明かされたもの。
山田洋次監督 映画

今年度から立命大客員教授に就任した山田監督監修のもと、学生が参加し、来春をメドに撮影をスタートさせる意向だ。
山田監督は「(太秦で)暮らしている人が登場し、その中に俳優も交じる『セミ・ドキュメンタリー』にしたい」と意欲を見せていた。
参照:スポーツ報知・山田洋次監督が学生と共同で恋愛映画製作

熟練した感性と若い感性が入り混じる新しい感覚の映画になりますねぇ〜。。。
posted by はぐみ at 12:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。