2007年10月03日

沢尻のおかげで映画大不評!!ネットで賛否討論

女優沢尻エリカさんが主演した新作映画「クローズド・ノート」が07年9月29日に公開された。

初日舞台挨拶での沢尻の態度がネット上で大バッシングを浴び、この映画を「見る」「絶対見ない」という論戦へと発展している。映画の話題を扱うヤフーの「レビュー」では、「見なければよかった」が大半だが、ミクシイ(mixi)では意外にも評判が悪くないのだ。

この映画についての評価がネット上の「レビュー」で多く語られているが、ヤフーにある「作品ユーザーレビュー」には2007年10月2日時点で560件の評価が書き込まれていて、その多くがバッシングだ。

「舞台挨拶の事件を知らずに初日鑑賞してしまった、、、もし、あの舞台挨拶を知っていたら100%行かなかった」
「昨今の報道で観たくないという人が増えているようですが、私も行かなきゃよかったな」

実際に映画館に行ったことを後悔するカキコミもあるが、沢尻のあの舞台挨拶を知って、行く気がなくなったというのが圧倒的だ。

「映画化は楽しみにしていました。でも、みなさんと同じようにあの舞台挨拶を見て見に行く気が完全に失せました」
「裏切られた気持ち!!絶対・・・もう応援したくないです。ファンだったのが恥ずかしい!!もう顔も見たくない!!!」
「こんな糞アマの関わっている映画は見たくないです。僕が言うのもアレなんですけど映画を舐めすぎだと思います」


というカキコミもある。
参照:livedoorニュース・エリカ様主演「クローズド・ノート」 「絶対見ない」「いい映画だ」でネット騒然
posted by はぐみ at 14:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。