2007年10月10日

パロマ元社長らを書類送検。湯沸かし器問題で

2005年11月、パロマ工業(名古屋市)製ガス湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒で東京都港区の上嶋浩幸さん(当時18歳)ら2人が死傷した事故で、警視庁捜査1課は、同社の小林敏宏・元社長(69)(今年1月に辞任)ら幹部数人を業務上過失致死傷容疑で、近く東京地検に書類送検する方針を固めた。

元社長らは、28件に上る一連の事故の半数以上について発生直後に報告を受けており、捜査1課は、事故が集中した1990年代に製品の回収など抜本的対策を講じなかったことが、その後の事故の要因になったと判断した。

企業の製品管理を巡っては、04年6月に三菱自動車の元社長らが、死亡事故を起こした同社製大型車の不具合について運輸省に虚偽の報告をしたなどとして逮捕されたケースがあるが、対策をとらなかったことに限定して大企業のトップの刑事責任を問うのは異例。

企業の製品安全対策にも影響を与えるとみられる。
参照:YOMIURI ONLINE・湯沸かし器事故、パロマ工業元社長ら書類送検へ
posted by はぐみ at 12:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。