2007年10月12日

アメリカ・オハイオ州で14歳少年が銃乱射!停学処分に不満。

米中西部オハイオ州クリーブランド市内のサクセス工業高校で10日、拳銃2丁を構えた同校の男子生徒(14)が、校舎内で銃を乱射した。
この銃撃で男性教師2人と生徒2人が重軽傷を負ったほか、生徒1人が避難中に転んで負傷した。

犯人の生徒は現場で自殺した。
銃乱射 FBI 高校 アメリカ 少年
1999年に起きた米コロラド州コロンバイン高校
の銃乱射事件をモチーフにした映画。

AP通信などによると、被害者のうち教師2人はいずれも重傷。
学校側の避難指示で校舎外に逃げ遅れた生徒らはトイレやロッカーなどに隠れ、無事だった。


犯人の生徒はけんかを理由に今週初めに停学処分を受け、不満を抱いていたという。この日は学校に銃を持ち込み、両手に構えて生徒らに次々と発砲。近くにいた女子生徒の証言によると、男子生徒は「学校を吹っ飛ばして、みな殺しにしてやる」と叫んでいたという。

犯行に使われた銃の種類や入手経路は不明。
連邦捜査局(FBI)が学校関係者らから事情を聴いている。
参照:gooニュース・米オハイオ州 高校で生徒銃乱射 停学に不満、5人重軽傷

よく、高校で銃乱射とか聞くけど14歳の少年までもがそういう事件を起こすようになっちゃおしまいだよ・・・(~ヘ~;)
posted by はぐみ at 10:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。