2007年10月13日

血も涙もない!ダイアナ元皇太子妃の死の瞬間まで撮影し続けたパパラッチ!!

約10年前、パリで事故死したダイアナ元英皇太子妃の死因を究明する審問の本格審理がロンドンの裁判所で、11日も行われ、事故後、車内で元妃が息を引き取る瞬間まで「パパラッチ」と呼ばれるカメラマンによって撮り続けられた写真が陪審員に提示された。

事故の瞬間を目撃した証人によると、元妃と交際相手のエジプト人富豪、ドディ・アルファイド氏らを乗せた車は、パパラッチのバイクに前方を妨げられていた。

同氏の遺族の法廷弁護士は「事故後も元妃らの写真を撮り続けたパパラッチには良心のかけらもなかった」と指摘した。
参照:gooニュース・パパラッチ ダイアナ元妃 死の瞬間まで撮影

スクープを物にする為には人の死も関係ないって事!!?信じらんない!!!!
posted by はぐみ at 11:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。