2007年10月13日

卑怯者とはもう戦わない!内藤が怒りのコメント!!

ボクシングWBC世界フライ級王者・内藤大助(33)は12日、都内の宮田ジムで宮田博行会長と怒りの会見。

11日の試合での対戦相手、亀田大毅の反則行為を問題視し、すでに15日の処分検討を発表しているJBCに対して、調査を求める要望書を週明けにも提出することを表明した。

初防衛から一夜明けて、喜びよりも怒りがこみ上げた。
亀田 内藤 ボクシング 亀田卑怯な反則

王者の両目下は無残に腫れ上がっていた。「これもサミング(目つぶし)のせいですよ。しつこいぐらいにやられた。太ももパンチに、ヒジで押さえ込まれ、ブン投げられた」と、大毅の暴走に抗議した。

V2防衛戦は12月にタイで前王者ポンサクレックとの再戦が予定されるが、宮田会長は「次戦は白紙。いろいろ選択肢はある」。

残り1試合の興行権を持つポンサクレック陣営に“待ち料”を支払って了解を取れば、別の挑戦者を選択する可能性も。
そうなれば興毅との因縁対決もないわけではないが、内藤は「選手生命にかかわることなんだから、亀田家には謝罪してほしい。昨日のようなことになるなら、もう亀田家とはやらない」と“縁切り”を宣言した。
参照:livedoor・内藤一夜明け怒り爆発!亀田家に謝罪要求

まぁ、ルールがわかってないやつと戦うと大変よね〜。。。
posted by はぐみ at 13:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。