2007年10月15日

居場所を失った少女。家出中、一緒に居た男を逮捕!

インターネットのブログを通じて知り合った長崎県諫早市の小学6年生の女児(12)を自宅マンションに誘い込んだとして、長崎県警諫早署は13日、未成年者誘拐の疑いで大阪市福島区、会社員坂本優介容疑者(20)を逮捕した。諫早署は14日、容疑者を長崎に移送。

家出をそそのかした可能性があるとみて、詳しい経緯を調べる。
道路標識 誘拐 家出 都市伝説

女児はブログ上のやりとりで「寂しい」「周りが自分を分かってくれない」と坂本容疑者に相談。女児は捜査員に「帰りたくない。お兄ちゃんは悪くない」と話し、その後の調べにも口を閉ざしているという。

調べでは、坂本容疑者は女児が開設していた少女漫画に関するブログに「部屋が空いているから来ないか。小倉まで迎えに行く」と書き込み、6日に女児と北九州市のJR小倉駅で待ち合わせ、大阪市の自宅マンションに連れ込んだ疑い。「親しくなりたかった」と容疑を認めているという。

諫早署によると、女児は6日、貯金箱から約1万6000円を持ち出し「家出する。捜さないでください」と記した手紙を残して自宅を出た。

9日以降、女児が持ち歩いていたノートパソコンから「元気にしている」と母親に複数回メールがあり、発信記録をたどって居場所を特定。バイクに同乗してマンションに戻った2人を捜査員が見つけた。
マンションにいる間、坂本容疑者は普段通り出勤し、女児は自由に部屋を出入りできる状態だったという。
参照:デイリー・女児誘拐されても「帰りたくない」

どこにも居場所のなかった少女が唯一安心して居てもイイ場所を見つけたのね。。。この少女の親はホントにこの子の親ですか?
子供の心もロクにわかってあげられないなんて。
posted by はぐみ at 11:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故は現場で起きてるんだ!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。