2007年10月15日

海外逃亡!協栄ジム会長金平桂一郎氏。

11日のWBC世界フライ級タイトルマッチで亀田大毅(18=協栄)が反則を連発した問題で、15日にも日本ボクシングコミッション(JBC)からライセンス停止などの処分が発表される。

対象となるのは大毅とトレーナーの父・史郎氏(42)、兄・興毅(20=協栄)、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)の4人だが、監督責任を問われている金平会長が試合翌日の12日から世界戦の交渉のためロシアに出張し、日本にいないことが判明。

協栄ジム関係者は「処分が決まっても、今のところ会見の予定はありません」とし、対応は帰国する18日以降になる。
金平桂一郎会長 ボクシング 処分*会長・金平桂一郎氏*

金平会長は、JBCの倫理委員会に先立って行われる東日本ボクシング協会の理事会も欠席。

東日本協会の北沢鈴春事務局長は「11日の世界戦前から報告を受けているし、問題はありません」としているが、理事会では大毅はもちろん、反則行為を指示した疑いが持たれている史郎氏と興毅に対しても厳しい批判が予想される。
本来その場で対応すべき金平会長が不在では、釈明や謝罪もできないまま議事が進行してしまうだけに後手に回った印象は否めない

現時点では亀田家が会見するかどうかも未定。
試合直後にノーコメントで会場を後にしており、コメントだけ発表する可能性もある。このままでは立場は悪くなる一方だけに、早い段階で公の場で釈明か謝罪することが必要だ。
参照:gooニュース・亀田処分出る日に会長はいない…

逃げたな?
posted by はぐみ at 13:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。