2007年10月20日

奈落の底に落ちていく亀田家のボクシング

プロボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ(11日)で反則行為を繰り返し、JBC(日本ボクシングコミッション)から厳罰処分を受けた「亀田3兄弟」の二男・大毅(18)、父・史郎氏(42)が、所属する協栄ジム・金平桂一郎会長(41)と早ければ23日にも、今後の契約問題などについて話し合うことが19日、わかった。
亀田家のプライベートジムの閉鎖などが争点で、同会長が「解雇」を含めた厳しい決断を下す可能性もある。


残留か、それとも解雇か。

協栄ジム、亀田家との間で解決しなければならない問題について、金平会長と史郎氏が23日にも、JBCから処分を受けて以降、初めて会談を行う。

大毅は前日、王者・内藤大助(33)=宮田=の自宅を訪ねて直接謝罪したが、自身の今後を決める重要な協議となる。
金平会長は、JBCの処分が下された翌日の16日、
(1)王者・内藤、宮田ジム・宮田博行会長(40)ら相手陣営への謝罪
(2)亀田兄弟が東京・新宿区の協栄ジムで練習せず、同葛飾区内のプライベートジム「亀田家の世界王者養成道場」を構えて独自に練習している現状を改め、協栄ジムで練習する−2点を求めた。


クラブ制度を取るボクシングジムでは練習場を一カ所にすることを規約でうたっており、すでに、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会はさきの理事会で、協栄ジムに改善を求めた。
ジム閉鎖を亀田家が拒めば、「解雇」に発展する可能性もある。
参照:gooニュース・金平会長が亀田史郎氏と会談へ…「亀田道場」閉鎖が争点

ますます追い込まれた亀田家。
posted by はぐみ at 12:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。