2007年10月26日

戦後乙女達のカリスマイラストレーター、内藤ルネさん死亡。

戦後の少女画を代表するイラストレーター、内藤ルネ(本名・功=いさお)さんが24日、心不全で死去した。74歳。

後日、お別れの会を行う。会の主催者は編集者、本間真夫氏。

愛知県生まれ。
画家中原淳一氏にあこがれ、氏の主宰する出版社に入った。
1950年代半ばから愛らしい少女のイラストを「ジュニアそれいゆ」など少女雑誌に発表。幼さの残る顔立ち、活発そうなファッションで読者の人気をつかみ、口絵や付録、手芸や小物などで幅広く活躍した。

2002年、初の回顧展が開かれたのを機に、新たなファンを獲得。著書「こんにちは! マドモアゼル」が復刻されるなど、再び脚光を浴びていた。
参照:gooニュース・少女画で人気、イラストレーターの内藤ルネさん死去

ウチの母もきっといろんな所で内藤ルネさんの作品に触れてたと思います。ご冥福をお祈りします。。。
posted by はぐみ at 11:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の気になるネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。