2007年10月29日

嵐・松本潤が故黒澤監督作品を甦らせる!!

米映画「スター・ウォーズ」の原点ともなった故黒澤明監督の名作「隠し砦の三悪人」が、50年ぶりに再映画化されることが28日、分かった。主人公を故三船敏郎が演じた戦国武将からオリジナルキャラの山の民に変更し、主演に嵐の松本潤(24)を起用。
樋口真嗣監督(42)は「これまでの松本のイメージを覆す」といい、松本も「大きな作品に全身全霊をかけて挑戦したい」と新境地に挑む覚悟だ。来年5月10日公開。

「隠し砦−」は黒澤監督が昭和33年に発表した作品で、敗軍の侍大将・六郎太(三船)が、世継ぎの姫と軍資金を守りながら、途中で出会った農民2人とともに敵陣を突破していく物語。
この農民をモデルにしたのが、今回の主人公、武蔵(たけぞう)だ。


松本といえば、TBS系「花より男子」でワガママな金持ちキャラを、4月放送の日本テレビ系「バンビ〜ノ!」では一流の料理人を目指す熱い男を、1月には映画「僕は妹に恋をする」で銀幕初主演を飾るなど着実に演技の幅を広げているが、樋口監督は「彼にはまだ野性が潜んでいる」と分析。「これまでのイメージを覆したい。そこまで汚していいのか、というところまでやりますよ」とニヤリと笑う。

初の時代劇に向けて、さっそく馬術の訓練に励んでいる松本は「オリジナル作品をごらんになった方も、お子さんやお孫さんと一緒に見られる、どの世代にも楽しめる作品になれば」と意欲を燃やしている。

松本演じる“平成版・隠し砦”が、どんな物語になるか、注目だ。
参照:exciteニュース・黒澤明の名作「隠し砦の三悪人」が再映画化!主演は嵐・松本潤

マツジュン新たな新境地となるか!!?
posted by はぐみ at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。