2007年10月24日

ハリポタのダンブルドア校長先生は同性愛者だった!!?

世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの主要な登場人物の1人が同性愛者だったと著者が告白したことに対し、ファンの大半は好意的に受け止めている。

J・K・ローリングさんは19日、米ニューヨークで開いたサイン会兼朗読会で、集まったファンに対し、主人公ハリーが通う魔法学校の校長が同性愛者だったなどと語った。

同シリーズのファンに人気のウェブサイトThe Leaky Cauldron(www.leakynews.com)とMugglenet(www.mugglenet.com)には、22日午後の時点で、この話題に関して約6000件のコメントが書き込まれた。

このうち、The Leaky Cauldronを管理するウェブマスターは「ほとんどの人々は(ローリングの)したことを喜んでいる」と述べ、同サイトでは告白に不満を持つ読者からの書き込みは少数だったとした。
参照:gooニュース・「H・ポッター」主要人物に関する著者の告白、ファンの大半は好感
posted by はぐみ at 11:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

沢尻のおかげで映画大不評!!ネットで賛否討論

女優沢尻エリカさんが主演した新作映画「クローズド・ノート」が07年9月29日に公開された。

初日舞台挨拶での沢尻の態度がネット上で大バッシングを浴び、この映画を「見る」「絶対見ない」という論戦へと発展している。映画の話題を扱うヤフーの「レビュー」では、「見なければよかった」が大半だが、ミクシイ(mixi)では意外にも評判が悪くないのだ。

この映画についての評価がネット上の「レビュー」で多く語られているが、ヤフーにある「作品ユーザーレビュー」には2007年10月2日時点で560件の評価が書き込まれていて、その多くがバッシングだ。

「舞台挨拶の事件を知らずに初日鑑賞してしまった、、、もし、あの舞台挨拶を知っていたら100%行かなかった」
「昨今の報道で観たくないという人が増えているようですが、私も行かなきゃよかったな」

実際に映画館に行ったことを後悔するカキコミもあるが、沢尻のあの舞台挨拶を知って、行く気がなくなったというのが圧倒的だ。

「映画化は楽しみにしていました。でも、みなさんと同じようにあの舞台挨拶を見て見に行く気が完全に失せました」
「裏切られた気持ち!!絶対・・・もう応援したくないです。ファンだったのが恥ずかしい!!もう顔も見たくない!!!」
「こんな糞アマの関わっている映画は見たくないです。僕が言うのもアレなんですけど映画を舐めすぎだと思います」


というカキコミもある。
参照:livedoorニュース・エリカ様主演「クローズド・ノート」 「絶対見ない」「いい映画だ」でネット騒然
posted by はぐみ at 14:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

山田洋次監督が学生と共同で恋愛映画制作。

「男はつらいよ」シリーズで知られる山田洋次監督(76)が学生と共同で、松竹京都映画撮影所がある京都・太秦の商店街を舞台にした恋愛映画「京都太秦恋物語」(仮題)を製作することを30日、発表した。

この日京都市内で開かれた松竹、立命館大学、京都府の産学公連携に関する記者会見で明かされたもの。
山田洋次監督 映画

今年度から立命大客員教授に就任した山田監督監修のもと、学生が参加し、来春をメドに撮影をスタートさせる意向だ。
山田監督は「(太秦で)暮らしている人が登場し、その中に俳優も交じる『セミ・ドキュメンタリー』にしたい」と意欲を見せていた。
参照:スポーツ報知・山田洋次監督が学生と共同で恋愛映画製作

熟練した感性と若い感性が入り混じる新しい感覚の映画になりますねぇ〜。。。
posted by はぐみ at 12:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

おぎやはぎ・小木がジャガーで忍者・ハマー役に!!

お笑いコンビ、おぎやはぎの小木博明(36)が、来年新春公開の映画「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」(マッコイ斉藤監督)で本格映画デビューすることが21日、分かった。
初のメーンキャストとなる謎の忍者役で、トレードマークの眼鏡まで外してやる気満々。主演の要潤(26)とシュールなギャグを繰り広げる小木は「温かい目で見ていただきたい」と、やや気弱にPRしている。

小木が銀幕の世界に本格進出を果たした。

原作は、平成12年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のギャグ漫画。「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」でカルト的な人気を誇る漫画家、うすた京介氏の作品で、コミックは既存13巻で630万部を突破している人気作だ。
ジャガー 笛 小木 映画

笛をこよなく愛する男、ジャガー(要)と個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語だが、その中でも抜群の人気を誇るのが小木が演じる謎の忍者、ハマー。
なぜかヒップホップにあこがれ、語尾に必ず「YO」とつけては、いちいちポーズを取るため、周りの人々に迷惑がられている男。忍者とは名ばかりの鈍感で弱く、ストーカー気質もある“変態”だが、実はナルシスト。そんなハマーの淡々ととぼけた感じの面白さが、小木にぴったりハマると、製作者サイドが白羽の矢を立てた。

ハマー ジャガー 劇団 映画おぎやはぎ 小木 映画 

小木はこれまで、一昨年公開の映画「真夜中の弥次さん喜多さん」のはたごの客役(おぎやはぎとして)や、本人役で登場したテレビ東京系ショートドラマ「30minutes」での役者経験はあるが、メーンキャストを務めるのは、映画、ドラマを合わせて初めて。

大役に緊張気味なのか、「温かい目で見ていただきたいです」と気弱なコメントが口をついて出たが、撮影では黒いダウンジャケットを羽織り、トレードマークの眼鏡まで外して“本気モード”。
「ほかの(共演者の)人たちには厳しくていいです。ハマーはみんなで育てるんです。褒めていくことで伸びますから」と、観客に訴えている。
小木が人気キャラクターをどう演じるのか、今から楽しみだ。
参照:exciteニュース・小木が謎の忍者で銀幕進出ですYO!「ピューと吹く!ジャガー」

だからもう,,,実写にするのはやめようよぉ〜。。。
posted by はぐみ at 11:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気漫画「ピューと吹く!ジャガー」で要潤が大抜擢!!

俳優の要潤(26)が人気漫画を実写映画化した「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」(監督マッコイ斉藤)で三枚目路線を突っ走っている。
主人公で謎の笛吹き男・ジャガー役で、逆立つ赤毛と縦笛をイメージした風変わりなスーツを原作どおりに再現した。


要はこれまでドラマ「夜王〜YAOH〜」(TBS)など二枚目の役が多かったが、斉藤監督が「要潤は最高に面白い人間」とオファー。
要は「自分の中では数少ない三枚目の役。ジャガーの魅力を壊さないように、でも要潤がやるとこうなるんだというところもちょっと出したい」と意気込んでいる。
要潤 ジャガー 漫画 うすた京介

「…ジャガー」は、人気ギャグ漫画家のうすた京介氏原作で00年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。現在13巻まで発行されている単行本は、累計630万部を突破。
映画版ではジャガーが講師を務めるスター養成校を舞台に、風変わりなキャラクターたちの人間模様が描かれる。

共演は「おぎやはぎ」の小木博明(36)なぎら健壱(55)カルーセル麻紀(64)ら。08年新春公開。
参照:スポニチ・要潤が三枚目!人気漫画映画で実写化

スイマセン、リアルタイム世代にとってはなんか納得いかない…
アニメ化はともかく実写はないべぇ〜(~△~;)
posted by はぐみ at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

ドラゴンボールZがやっと実写化か!?米大手映画会社が発表!

カナダ・Gazette紙の報道によると、The 20th Century Foxは来年のモントリオール世界映画祭に向けて製作予定の3作品を発表した。
ドラゴンボール 実写 映画
いずれも1億ドル以上という巨額の予算を充てるというその作品群とは、『Night at the Museum(ナイトミュージアム)』の続編、ローランド・エメリッヒ監督のSF映画『Independence Day(インディペンデンス・デイ)』のリメイク、そしてなんと『ドラゴンボールZ』の名が。

具体的なクランク・イン時期やキャスト、ストーリー等は未定だが、来年7月までには3作品とも撮影を完了させる予定だという。
参照:gooニュース・『ドラゴンボールZ』が予算1億ドル超で映画化決定か - 米20世紀FOX

今度こそ、ホントの話????
posted by はぐみ at 11:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

大批判のヱヴァンゲリヲンを語る。

テレビ版ダイジェストの劇場用Zガンダム3部作がヒットしたため、エヴァンゲリオンで二番煎じをするのかなと、正直こいつを私は見るまで思っていた。
じっさい、普通にみればこの新劇場版は、「なんだよ、テレビん時と同じじゃん、見る価値無し」で終わってしまいかねないほど、ストーリーも絵柄もまったく同じである。
ヱヴァンゲリヲン 序 映画 批判ヱヴァンゲリヲン 序 映画 批判ヱヴァンゲリヲン 序 映画 批判

そう、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は、一見テレビとまったく同じ。しかし、「なにかが違う」のである。
これは「序」であるから、まだその変化はとても小さく、注意しなければわからない。
それはたとえば、カオルがこの段階から出てきて、しかもシンジをなぜか知っていたり、あるいは使徒の順序が狂っていたりといった、一見些細なことがらだ。

さて、映画としてこの第一作目を見た第一印象は、当時あれほど新鮮にみえたこの作品も、さすがに今見ると古典だな、というもの。
時代の流れはどんどん速くなっている。
とりわけ本作はその後のアニメ制作に与えた影響がきわめて甚大で、あらゆるディテールが数え切れないほど真似されていった。だからこそ、そのように感じたに違いない。

参照:痛いニュース・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の評価は60点 「テレビと同じじゃん、見る価値無し」

そんなこったろうと思った。
ホントに新しいのならCM事態、過去の作品内容の映像を流さずに映画の一部分を取り入れるだろうから。まぁ、映画用に直した作画だったけど。庵野秀明監督が「ここ10年間でヱヴァを超えるアニメは出なかった」とか言ってたけど、自分すら過去にこだわって超えられないじゃん。

posted by はぐみ at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

木村拓哉「HERO」が公開前から不評のワケ。

木村拓哉主演の“大作”映画「HERO」がいよいよ来週末に公開される。これは01年に放送され、全11話の平均視聴率が30%を超えた大ヒットドラマ「HERO」の映画版。昨年7月に放送された単発の特別編も30.9%の高視聴率を記録した。
「これだけの人気作ですから、製作元のフジテレビは力の入れようがハンパじゃありません。完成前から、カンヌ映画祭に“自主的”に出かけて『HERO』をアピール。現地の映画関係者のヒンシュクを買ったほどです」

今月初旬には日本武道館で完成披露試写が大々的に行われた。木村をはじめ、松たか子ら主要キャストが勢ぞろいし、長さ50メートルに及ぶ花道「HERO’Sカーペット」を歩いてみせた。
また、今夏の「FNS27時間テレビ」でクイズ番組に「HEROチーム」が出演。今後はキャストが連日テレビに出ずっぱりだろう。8月半ばからはドラマ「HERO」の再放送も行われている。


「フジが製作した『踊る大捜査線2』は、邦画の実写で最高となる173億円の興収を記録しましたが、『HERO』はその塗り替えも視野に入れているといいます。フジもキムタクも力が入るわけです」(映画関係者)
木村拓哉 キムタク 映画 HERO

さて、肝心の出来栄えはどうなのか。

「韓流スターのイ・ビョンホンやタモリがゲスト出演しているほか、松本幸四郎と松たか子の親子共演などキャストは豪華。しかし、内容は不満です。ストーリーに何のヒネリもなく、スペシャルドラマの拡大版といった印象で、大人の観賞に堪えるか疑問。連ドラから続く小ネタなど、ドラマを見ていないとわからない部分も多い」(映画ライター)

木村は先週、「HERO」のPRに合わせるかのように、各国の俳優が共演する映画「I COME WITH THE RAIN」への参加を発表。そんな努力がムダにならなければいいが。
参照:exciteニュース・大宣伝を展開する木村拓哉の「HERO」はつまんない?

公開してみないとわかんないじゃん。
見る前からこういう記事書かれると、見る気失くすんだよね〜・・・
posted by はぐみ at 13:34| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベネチア,監督・ばんざい賞で北野監督「光栄です」

イタリア北部で開催中の第64回ベネチア国際映画祭が新たに設けた「GLORY TO THE FILMMAKER(監督・ばんざい)!賞」の第1回受賞者に選ばれた北野武監督が、授与式前に現地で会見。喜びを報告した。
北野武 監督 ばんざい 映画

世界各国のプレスの盛大な拍手に迎えられ、黒いジャケット姿で登場した北野監督は「新しいチャレンジをしていることに対しての賞だと聞いています」と照れ笑い。

新賞では、1997年に「HANA−BI」で同映画祭グランプリの金獅子賞を獲得するなど、これまでの北野監督の実績や映画に対する姿勢を称え、今回の特別招待作品「監督・ばんざい!」の英題をそのまま賞のタイトルにした。

北野監督は「自分自身も映画を撮る意味はまさにそう(=新たなことへの挑戦)であり、実践してきた自覚はあるので、(認めていただき)非常に光栄に感じます」と誇らしげだった。
参照:SANSPO・北野監督「非常に光栄」…“たけし賞”受賞にベネチアで歓喜

バンザ―――ヾ(〃^∇^)ノ―――イ!!!!!
黒澤明監督・宮崎駿監督に並ぶ北野武監督がまた、ベネチアに新たな歴史を残したんですね!!!
私も人生の中で何か残せるような大物になってみたい!
posted by はぐみ at 11:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

『ひぐらしのなく頃に』が実写映画化・・・

数十本の自費販売からスタートしたゲームで、シリーズ9作で50万本を販売した「ひぐらしのなく頃に」が映画化されることが12日、分かった。

山村を舞台にしたミステリーで、ホラーには定評のある及川中監督がメガホンを取り、14日にクランクインする。公開規模は単館上映からスタートするが、映画会社は「ゲームと同じく、口コミで広がってほしい」と期待している
higurasi.jpg


ゲーム、アニメ、コミック、小説と、さまざまなメディアで展開してきた「ひぐらし−」。映画はメディア制覇の集大成として製作が決まった。
始まりは、5年前に原作者の竜騎士07が作ったゲームを、知人たちに配ったことだった。年に1人ずつ死んだり消えたりするという、死と恐怖の連鎖を描いているが、ミステリーらしくない画風とのミスマッチもあって、一気に人気になった。
m04-0504-060219.jpgasuka.jpg01.jpg

キャストは前田公輝・飛鳥凛・松山愛里らが決定している。来年公開予定。

自費出版ゲームの世界では3000本売れれば大ヒットと言われるが、9作で50万本が売れた。今年2月にはプレイステーション2のソフトにもなり、13万本を販売している。
参照:exciteニュース・自費販売ゲーム「ひぐらし−」映画化

(-_-)こりゃ大変だ〜〜〜!!!
最近、マンガが原作のドラマがいっぱいやるけどキャラのイメージに合わないのがほとんどだからねぇ。。。
ホラーゲームの革命とも言える(?)「ひぐらし−」はホントにこのキャストで良いのでしょうか?
みんなの反応が知りたいわ〜(~_~)


posted by はぐみ at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

木村拓哉、映画で武道館を揺らした!!

SMAPの木村拓哉が主演する9月8日公開映画「HERO」(鈴木雅之監督)の完成披露試写会が6日、東京・北の丸公園の日本武道館で行われた。

01年に平均視聴率34・3%を記録したフジテレビ系超人気ドラマの映画化。ホームページなどで募集した招待券には、20万通もの応募が殺到。競争率80倍からチケットを手に入れた2500組5000人のファンが、ひと足お先に特設大画面で観賞した。

ラストシーンでの会場が揺れんばかりの大歓声に「ものすごいテンションが伝わってきた。カーテンの向こうにいたんだけど、何かのハプニングかなって。期待以上の反応をいただきまして。喜びを感じてます」と感無量。劇中のキーワードとなるスペイン語のセリフも特別に披露した。

この日はヒロインの松たか子はもちろん、大塚寧々、阿部寛ら「東京地検城西支部」のメンバーが「1度限り」の勢ぞろい。
全員が武道館を縦断する約50メートルのレッドカーペットを練り歩いた。上映前には会見も行われたが、八嶋智人らが「自分にとってのヒーローは木村拓哉」と声をそろえてたたえていた。公開規模は邦画最大級を予定。
posted by はぐみ at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

宮崎駿監督最新作は2008年公開!「崖の下のポニョ」

アニメ界の巨匠、宮崎駿氏が「ハウルの動く城」以来4年ぶりに監督を務める新作2008年、夏公開予定「崖の上のポニョ」が19日、配給元の東宝で発表された。
父親の反対を押し切ってジブリ映画「ゲド戦記」を製作した息子・吾朗氏を迎え撃つ構えだ。

「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「もののけ姫」などの名作を世に送り、01年には「千と千尋の神隠し」で興行収入304億、観客動員数2350万人と日本記録を打ち立てた宮崎監督。
今作は、原点に立ち返り、CGなしの“手描き”で挑む。


その製作過程をプロデューサーの鈴木敏夫氏がこう明かす。
「これまではいかに動きを細かく表現し、背景を緻密に描くかということを重視してきた。しかし今回はアニメーションの本来の楽しさは単純な動きにあるはずと考え、アニメの原点に戻り、子どもが描いたような新しいタイプの絵で、作品作りをしている」
「絵コンテにあまりに時間をかけすぎているために、ストーリーがまだ半分しか出来上がっていない。手描きでいかに海や波を表現するかが大きなテーマですね」原点に戻る分、手間が掛かるのは覚悟の上だ。

物語は、人間になりたいと願う金魚姫ポニョと5歳の男の子、宗介の触れあいを描く、いわば“ジブリ版人魚姫”。舞台となる瀬戸内海のとある町は、監督が社員旅行でたまたま訪れた場所だが、その町の美しさに魅せられ、創作意欲をかきたてられたという。そして、主人公、宗介のモデルは、何と息子の吾朗氏。
宮崎監督は息子に対しこう挑発しているという。「オレの領域に土足で入ってきたのは嫌みだろうか、きっと吾朗が5歳のときに、自分が仕事にかまけていたのがいけなかったんだ。吾朗のような子を作らないためにこの作品を書こう」
参照:exciteニュース・宮崎駿監督、手描き新作で「息子には負けない!!」

(´C_`)今日どこもかしこも「人魚姫」って言ってますけど・・・
ですから!!!!!!!
宮崎駿監督の最新作が,,,しかも来年ですかぁ〜〜〜〜♪♪♪♪♪
すっごく楽しみだぁ〜♪本来の温かい手書きのアニメってところも見逃せませんね〜☆
今度の声優も気になるなぁ♪ぜひとも、私が声優をやらせて貰いたい!!!!
posted by はぐみ at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

ハリポタのエマ・ワトソンがストーカー被害!!

人気映画シリーズ「ハリー・ポッター」で主人公ハリーの親友ハーマイオニーを演じる英女優エマ・ワトソンが、ストーカーに悩まされていると英サン紙が報じた。

同紙によると、20代の男性ファンがワトソンが通う高校に侵入。いつの間にか教室に入り込み、授業が終わるのを待ってワトソンに話し掛けたという。すぐに警察が駆け付け男性を連行。男性は事情聴取後、警告処分を受けた。
ハーマイオニー役 エマ・ワトソン

見知らぬ男性にいきなり「ハリー・ポッター」に関する話を切り出され、ワトソンはパニックになったという。受けていた授業は、生徒なら誰でも出席可能なものだった。
参照:exciteニュース・ハリポタの親友がストーカー被害

ΣΣ(゚д゚lll)ケガが無くてよかった!!
海外でも学校侵入があるんですね〜,,,恐いなぁ。急にハリポタの話されちゃパニくるって・・・
posted by はぐみ at 13:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳楽優弥、菊地凛子"黄金タッグ"が声優に挑戦!!

2004年のカンヌ国際映画祭で史上最年少にして日本人初の最優秀男優賞に輝いた柳楽優弥と、今年の米アカデミー賞で日本人として49年ぶりに助演女優賞候補となった菊地凛子が声優として初共演することが18日、分かった。
“黄金タッグ”が挑むのは、アニメ企画・制作会社「STUDIO4℃」が手掛けた7月公開、新感覚のオムニバス映画「Genius Party」の核となる作品「BABY BLUE」(渡辺信一郎監督)。幼なじみの高校生を主人公にした青春ラブストーリー。
菊池凛子BABY BLUE柳楽優弥

2人とも声優は初挑戦だが、演技者としての勘が鋭い柳楽はすんなり役に入り込めた様子。「絵に声を合わせるのが難しかったですが、いい経験をさせていただきました。刺激的な、楽しい経験でした」という。
一方、「バベル」でろうあ者役を好演した菊地は、今度は声だけで表現することになり、「なるべく体を動かすようにしてやりました」と工夫。その結果「だんだん快感になってきました」とアフレコを振り返った。
参照:iza・柳楽優弥&菊地凛子が“黄金タッグ” アニメ「BABY BLUE」声優

Σ(´▽`ノ)ノこれはこれはずいぶんと豪華で・・・
posted by はぐみ at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

いつ実現?日本アニメのハリウッド実写版。

「実写版ドラゴンボール」「実写版AKIRA」……。
話題だけが先行していっこうにリリースされない作品もあるが、ハリウッド側の日本アニメへの関心は依然として高く、あの名作も候補に上っているという。

日本のコンテンツ産業の中でも、世界的に強いとされるのがマンガとアニメ。中でもストーリー性の高いもの、ネームバリューの大きいものは、ハリウッドが実写版映画を製作しようと狙っている。映画化の話題だけが先行し、いまだ日の目を見ないでいるアニメ・マンガも多い。しかし最近では、「第2次の日本マンガ映画化ブームが到来しつつある」と見る映画関係者もいる。

ジャパニーズ・アニメやマンガを実写映画にしようという動きは、確かにある。
例えば米NewLineCinemaは2005年に、日本のマンガ「MONSTER」の実写版映画を製作すると発表した。
同マンガは浦沢直樹氏原作で、小学館の「ビッグコミックオリジナル」誌上で連載されたもの。欧州などを舞台にした本格的サスペンス作品が映画化されるとあって、日本のマンガファンにとってはうれしいニュースだった。
ドラゴンボール実写化はいつ!? MONSTER実写化はいつ!? AKIRA実写化はいつ!?

水面下ではほかにも、数多くの作品の映画化が模索されている。
公式に発表されたトピックとしては2002年頃に、鳥山明氏原作の日本を代表するマンガ「ドラゴンボール」と、ジャパニメーションの名作として一部で熱狂的なファンを持つ「AKIRA」が、それぞれ実写版映画化されるとして話題になった。前者は米20thCenturyFoxが、後者は米WarnerBrothersがそれぞれ映画化の権利を獲得している。
実写版ドラゴンボールのオープニングを見る!!
しかしながら、これらの作品はいずれもいまだに映画化されていない。消息筋によれば、「権利関係者の意見調整にてまどった」とも「満足いく映像が作れずにいる」とも言われている。
詳細な理由は不明だが、何らかの理由で想定したほど順調には劇場公開に結び付けられなかったとみていいだろう。
…いつ実現するのか「実写版ドラゴンボール」「実写版AKIRA」

そもそも映画業界には“面白そうなものは先物買いする”という文化がある。たったひとつのキラーコンテンツが会社を大いに潤す可能性があるため、「ヒットの種」を幅広く探そうという発想だが、裏を返せば芽が出ずにいる種が複数ある……という状況ともいえる。
ともあれ、2002年頃のこうした動きがいまひとつ大ヒットに結びつかなかったことから、傍目にはこの機運がしぼんだのでははないかという印象もうける。


なぜ、ハリウッドは日本のマンガに注目するのだろうか。
非常に基本的な部分として、原作が面白いから……という理由があることは間違いない。ハリウッドは前述のとおり、常に面白いテーマ・ストーリーがないか探している状況にある。
参照:iza・「日本アニメの実写映画化」にハリウッドが興味を示す理由

(´ω`)"先買い"するんだったら、ちゃんと実写にしてよ。
待ってるファンだっているんだから・・・
posted by はぐみ at 10:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

スタローン輸入禁止成長剤持込で提訴!

米俳優シルベスター・スタローンは13日、豪州国内への輸入禁止品であるヒト成長ホルモンの持ち込みをめぐり、オーストラリアで提訴された。
スタローンは先月、最新主演映画「ロッキー・ザ・ファイナル」のプロモーションのためにオーストラリアを訪れていた。
スタローン

人気映画シリーズ「ランボー」の新作をタイで撮影中とみられるスタローン本人には、シドニーの裁判所への出廷命令はなかった。
豪税関当局は裁判所に対し、スタローンが2月16日にシドニー空港で拘束された際に輸入禁止品を所持していたと主張。
またスタローンの荷物からヒト成長ホルモン48瓶が見つかったとしている。


罰金は最高で11万豪ドル(約1000万円)。裁判はスタローンが罪状認否を行う4月24日まで休廷となる。
参照:楽天・S・スタローン、輸入禁止品の持ち込みで豪税関が提訴

(〃゚д゚;Aとんだプロモーションとなっちゃいましたね・・・
posted by はぐみ at 14:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オダギリ苦笑い、蒼井優照れ笑いの「蟲師」記者会見。

俳優のオダギリジョーが主演する映画「蟲師(むしし)」(大友克洋監督、3月24日公開)の特別試写会が12日、東京・白金台の八芳園で行われた。

漆原友紀さんの人気漫画をアニメの巨匠、大友監督が実写映画化。
普通の人には見えない蟲を見えるギンコを演じたオダギリジョーは劇中では白髪の風貌。
「ハタチ(20代)の前半で銀色にしたことがあるが、髪の毛が溶けるので、ハゲになると思って一度でやめた。お勧めできないですね。あっ、髪の毛を染めるCMに出ているので、なかったことにしてください」と苦笑。
映画蟲師

一方、女優の蒼井優あでやかな着物姿を披露した。
登場するなり無数のカメラのフラッシュを浴びた蒼井は、恥ずかしそうに照れ笑い。

同作では初めて和装で芝居にのぞんでおり、「出来上がったものを見て、反省するところがいっぱいありました」と振り返った。
蟲を探す男役の大森南朋は「大友監督の作品は、すごい存在感やパワーがあります」とPR。

映画は昨年のベネチア国際映画祭など27の映画祭から招待され、30か国から配給のオファーがある。
参照:livedoorニュース・オダギリ苦笑「銀髪は髪溶ける…あ!?CM出てるんだ…」
   exciteニュース・蒼井優“あでやか”着物姿に照れ笑い!映画「蟲師」記者会見

(*゚Ω゚)オダギリさん…そんな天然なところが好きです(笑)
蒼井ちゃんはいつも謙虚で、いつ見てもカワイイ〜〜☆
posted by はぐみ at 11:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

石原真理子逮捕の真相を発言。映画の話題作りか!?

米国滞在中に2度の逮捕歴があることを明かした女優石原真理子が11日、都内で会見を開いた。
好意を抱いた外国人ミュージシャン2人にストーカー行為を働いた罪で逮捕されたもので、2度目の逮捕時は服役した。
原因として現地の占い師の存在を挙げ、ミュージシャンと合わせて約4000万円も貢がされた揚げ句に逮捕されたと“被害者”を強調した。
95年に渡米し、フロリダ州のクラブで知り合ったロンさんに好意を抱いた石原は、恋愛相談した占い師に「前世も今も後世も一緒になる人」と言われたという。
そして「ロンと私の愛を阻む何かを占い師に清めてもらった」上で、計30通の手紙を出し、それがストーカー行為と認定され、逮捕された。
03年には、ロンさんのバンド仲間リックさんにストーカー行為をしたとして逮捕された。
石原は「ロンたちが細工した理由を探ろうと思ってリックに会ううちに好意を寄せるようになった」と説明。妻帯者だったリックさんに「妻とは別れる」と約束され「結婚も意識した」(石原)恋愛のはずだったが、不倫関係から抜け出せず、リックさん夫妻からストーカー行為で訴えられたと説明。

参照:nikkansports.com・石原真理子が激白「はめられた」

ヾ(*゚∇^*)「はめられた」じゃなくて「はめてやった」でしょ?おばさん。
リックさん夫婦はその後夫婦関係が上手くいかなかったって訴えているし、完璧やってることはストーカーじゃん!年を考えて社会勉強しなよ、おばさん。
posted by はぐみ at 13:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

助演女優賞はジェニファー・ハドソン!菊池凛子オスカー逃す!

米映画界最大の祭典である第79回アカデミー賞発表・授賞式が25日(日本時間26日)、ロサンゼルスのコダックシアターで開かれ、助演女優賞に「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンさんが決まり、同賞にノミネートされていた菊地凛子さんは惜しくも受賞を逃した。
ドリームガールズ1.jpg
菊地さんは、「バベル」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)に出演し、ろうあの女子高校生を演じた。モロッコ、東京、米国、メキシコが舞台で、コミュュニケーションができずに苦しむ家族に焦点が当てられている。

「もしも昨日が選べたら」でメーキャップ賞の候補だった辻一弘さんも選にもれた。授賞式ではこのほか、日本人俳優がほぼ全編を演じた「硫黄島からの手紙」が作品賞、監督賞など4賞で候補に挙がっている。

アカデミー賞は06年に米国で公開された映画が対象で、俳優、監督、プロデューサーら約6000人で構成される映画芸術科学アカデミーの会員の投票で決まる。
助演男優賞には「リトル・ミス・サンシャイン」のアラン・アーキンさん、長編アニメーションには「ハッピー フィート」が決まった。
参照:livedoorニュース・[アカデミー賞発表]菊地凛子さん 助演女優賞の受賞逃す
関連記事:菊池凛子オスカー逃す!助演女優賞はジェニファー・ハドソン

*:.。☆..。.(´∀`人)ジェニファー・ハドソンおめでとう〜♪
初ノミネートで初受賞だって今日、ニュース番組でやってた!!まさしく夢をつかんだ受賞だわ♪
菊池凛子さんの事ってまだあんまし知らないけど、アメリカのメディアは新聞記事で褒めちぎってたからハドソンとは接線だったんだろうなぁ〜。
posted by はぐみ at 13:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅野美穂、司会に忘れられ赤っ恥をかかされる!!

24日、渋谷・シネクイントで関東地区初日を迎えた『さくらん』の舞台あいさつで、ちょっとしたハプニングが。
主演の土屋アンナをはじめ、華麗な花魁(おいらん)にふんした木村佳乃、菅野美穂らが登壇した。
さくらん全員.jpg

通常の舞台あいさつでは、まず、登壇者たちが一人ずつ順番に、短いコメントをするのが、お約束の段取りになっている。ところが、司会者が、菅野美穂の順番を飛ばして、イベントを進行させてしまったため、登壇者はもちろん、観客も「なぜ?」とざわつき始めたのだ。
この事態に蜷川実花監督が業を煮やして、司会者にそっと耳打ちする一幕があった。やっとしゃべる機会を得た菅野は、「2階席のみなさん、こんにちはー。あっ、ここ、2階席ないんですね(笑)」と元気にあいさつした。

しかし、場内はどことなく、「菅野美穂が忘れられた……」と気まずい空気が流れていた。
そんな菅野は、蜷川実花の魅力について、「蜷川さんの写真は、時間を止める魔法。そして、その魔法を解いてくれるのが、この映画だと思う」とコメントし、で演じた高級花魁“粧ひ”と同じく、大人の余裕を見せていた。
参照:livedoorニュース・菅野美穂大ショック!?司会者に存在を忘れられる

Σ(-∀-;)うっわ〜〜〜・・・最悪。
こういうのってコッチまで嫌な気分になってくるよ…初日舞台挨拶で、とんでもないハプニングだこと・・・
posted by はぐみ at 11:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  [PR]   JR船橋駅周辺の求人情報を探すならMYWORK首都圏版で!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。